血統書

ここを御覧になられている方々に質問です。

血統書をどう捉えていますか。

ちょっと爆弾発言書きそうになっちゃいました(汗
個人的にでも構わないので教えて下さいネ。

昭和58年秋季(社)日本犬保存会神奈川支部展覧会にて



単純に、昔はこんな雰囲気だったんですみたいな空気感が伝われば良いなと思います。

平成22年春季(社)日本犬保存会展覧会を振り返る




平成22年春季展覧会を湘南美雅荘関連の犬だけでスミマセンけど振り返ってみます。


★2月21日(日)神奈川支部展覧会

神奈川支部展覧会は地元と言うのもありますけれど、今回はいつもより少しだけ多めにお手伝いさせて貰いました。普段から出来る事はやりますのでと伝えてあった以上に今回は神奈川支部展覧会開催に協力出来たと思います。色々勉強になりました。展覧会を開催するのってホントに大変なんだなと体現しました。

湘南美雅荘は小型雄若2組と小型雌部若2組と小型雌部若1組と小型雌部幼稚犬組と小型雄部幼稚犬組に出陳しました。
小型雄部若2組 雅の鉄源力号-湘南美雅荘 優良  若犬賞受賞
小型雌部若2組 富久美姫号-浜名晴山荘  優良1席若犬賞受賞
小型雌部若1組 雅の妓貴姫号-湘南美雅荘 優良
小型雌部幼稚犬 雅乃楓号-湘南武田荘   幼稚犬賞受賞
小型雄部幼稚犬 雅の雄大号-湘南武田荘  幼稚犬賞受賞

雅の鉄源力号は胡麻毛で、換毛が展覧会出陳に合わず、自信を持ってお見せ出来る状態では有りませんでしたけれど、所有者の神奈川支部田代秀樹さんにお願いして僕がハンドリングさせて貰いました。若犬賞受賞。

富久美姫号-浜名晴山荘は昨秋よりも一層状態万全だったので、審査員の先生に良い感じに見せられたら大丈夫だと感じていました。姉もハンドリング完璧でした。1席若犬賞受賞。

雅の妓貴姫号-湘南美雅荘(浦和第一荘の市橋和雄様所有)はお顔が超綺麗でした。目型が特に大好物な感じです。秋季またリングで観たい1頭でした。

雅の雄大号と雅乃楓号は同胎です。雅の雄大号は所有者で北海道の福田幹雄さんがハンドリング。雅乃楓号は僕がハンドリングしました。両犬ともに幼稚犬賞受賞。

★2月28日(日)栃木支部展覧会

湘南美雅荘は小型雄若2組と小型雌部若2組に出陳しました。
小型雄部若2組 雅の鉄源力号-湘南美雅荘 優良  若犬賞受賞
小型雌部若2組 富久美姫号-浜名晴山荘  棄権

雅の鉄源力号-湘南美雅荘は所有者の田代秀樹さんが自分でハンドリングして若犬賞受賞。

富久美姫号-浜名晴山荘は姉がハンドリング。第1審の審査途中で棄権しました。事の顛末はいつものように全部ビデオに収めて有るので(僕そういうとこはマメなので)機会をみてYouTubeに音声入りでアップロードします。

★3月7日(日)愛知支部展覧会

湘南美雅荘は小型雄若2組と小型雌部若2組と小型雌部幼犬組に出陳しました。
小型雄部若2組 雅の鉄源力号-湘南美雅荘 優良3席若犬賞受賞
小型雌部若2組 富久美姫号-浜名晴山荘  優良4席若犬賞受賞
小型雌部幼犬組 雅乃楓号-湘南武田荘   幼優

雅の鉄源力号-湘南美雅荘は所有者の田代秀樹さんが自分でハンドリング。今季一番のハンドリングで若犬賞受賞。

富久美姫号-浜名晴山荘は姉がハンドリング。前週の栃木支部展覧会以降丸々1週間、愛知支部の女性会員【N】に、愛知支部展覧会に出陳するにあたり"心を乱される出来事"が有って(この時の会話も1時間分丸々録ってありますよ僕はそういうとこマメなので)姉も富久美姫号も気持ちが上がらず。今迄で一番悪い見せ方しか出来ませんでしたけれど、何とか若犬賞受賞。富久美姫号と同じリングに愛知支部の女性会員【N】が出陳してたのには呆れました。
この1週間に起きたことを知っている方々も知らなかった方々も、大勢の方々が富久美姫号のリングに応援に来てくれました。凄く嬉しかったです。

雅乃楓号-湘南武田荘は僕がハンドリング。ハンドリングがヘタだったようです。幼優でした。

★3月21日(日)静岡支部展覧会

小型雄部壮犬組 玄武号-浜名晴山荘 壮犬組 優良1席 日保本部賞受賞

雅の力天号-湘南美雅荘の直子で胡麻毛・玄武号-浜名晴山荘が小型雄部壮犬組優良1席日保本部賞受賞。雅の力天号の直子では初の日保本部賞受賞。作出・所有者の静岡支部山本晴男さんも嬉しかったと思いますけれど僕も1メートルほど軽く飛び上がれるほと嬉しかったです。

★3月22日(月)千葉支部展覧会

湘南美雅荘は小型雄若2組と小型雌部若2組と小型雌部幼犬組に出陳しました。

小型雄部若2組 雅の鉄源力号-湘南美雅荘 優良4席若犬賞受賞
小型雌部若2組 富久美姫号-浜名晴山荘  優良1席若犬賞受賞
小型雌部幼犬組 雅乃楓号-湘南武田荘   幼優  幼犬賞受賞

雅の鉄源力号-湘南美雅荘は所有者の田代秀樹さんがハンドリング。見た目の毛の状態は悪く、立ち込みもイマイチでしたけれど若犬賞受賞。

富久美姫号-浜名晴山荘は姉がハンドリング。昨秋から今季の中で1番のハンドリングと犬の状態でした。姉は栃木支部展~愛知支部展で受けた嫌がらせのプレッシャーもパワーに変換してこの千葉展で吹き飛ばしました。富久美姫号も姉同様、何かを吹っ切ったような立ち込みと犬の状態で見せるとこバッチリ見せて堂々の1席若犬賞受賞。
富久美姫号と同じリングにて、雅の力天号の直子・直娘同士の雌が5席若犬賞受賞しました。

雅乃楓号-湘南武田荘は僕がハンドリングで幼犬賞受賞。

★4月18日(日)山梨支部展覧会

雅乃楓号-湘南武田荘のみ出陳。僕がハンドラーで幼優幼犬賞受賞しました。

★4月25日(日)北海道支部展覧会

雅の雄大号-湘南武田荘が出陳されました。所有者の北海道支部・福田幹雄さんのハンドリングで幼優幼犬賞受賞しました。

★5月2日(日)関東連合展覧会・三多摩支部展覧会

湘南美雅荘は小型雌部幼稚犬組と小型雌部幼犬組と小型雄部若2組に出陳しました。

小型雌部幼稚犬組 はつ恋号-湘南美雅荘  幼稚犬賞受賞
小型雌部幼稚犬組 福恵杏姫号-湘南福恵荘 幼稚犬賞受賞
小型雌部幼犬組  雅乃楓号-湘南武田荘  幼優
小型雄部若2組  雅の青空号-湘南美雅荘 優良(若犬賞次点でした)

はつ恋号は姉がハンドリングしました。福恵杏姫号は神奈川支部の平山泰之さんがハンドリングしました。雅乃楓号は僕がハンドリングしました。
雅の青空号は群馬支部の高橋總一郎さんがハンドリングしました。他に、雅の力天号-湘南美雅荘の孫娘が小型雌部若2組にて優良5席若犬賞受賞しました。

来季もまた気を引き締めて頑張って行きますので皆様方ご指導の程、宜しくお願い致します。

完成時期



 先日、北海道の福田幹雄さんに生後100日程の仔犬(雅の雄大号)を空輸にてお引渡し致しました。福田幹雄さんご自身が運営するブログ【風薫る大地の柴犬】に雄大の写真を掲載した所こんなコメントがつきました。

―――――――――
[雅の雄大号]

『その月齢で耳が立っていないのはまずいんじゃないですか?たとい成犬になる頃にちゃんと立つにしても、種雄としては。』
02/01 08:12 By:さち柴飼い主
※原文ママ
―――――――――

まずは「僕自身の経験上」での上記【さち柴飼い主サマ】書き込みへの答えです。2日待ったのですけれどね。良くみとけ。

--耳の件--

『小さい頃に耳が立っていなくても問題無い。それにあの写真の突っ込み所はソコじゃねえだろ』

--種雄うんぬん--

『お前んとこの犬はどうだ?答えろ』


【さち柴飼い主サマ】【さち柴飼い主サマ】が飼っているご愛犬【さちサン?】の流れである水戸東洋荘主の酒井東洋一さんの事全然知らないだろうけれどね(だから2ちゃんねるに父犬名を晒して教えてちゃんしちゃったのでしょうね。更にその後【風薫る大地の柴犬】にカキコするものだからあの時はマジ驚いちゃいました)。
酒井さんに生前『(茨城弁で→)北海道で遠いけれども真面目な福田君のこと面倒みてやってくれ』って言われてるから僕と姉で出来るだけの事を福田さんにしてるつもりで、更にそう言う想いで福田さんに引渡した柴犬に関して、耳がどーだとか種雄がどーだとか意味不明な【さち柴飼い主サマ】見当違いの<<断言コメント>>付けるのはどう言うことなのかしら。

あなたが書いた全世界発信なコメントで僕はとても傷付いちゃいましたのでお返しです。上記答えに反論してみろ。

■■犬の完成時期■■

 自分で産ませて最後まで看取った雅乃楓号-湘南美雅荘。
 大事にしていた美喜号-大野ギオン荘に、金指光春先生所有の峠ノ毬栗号-相模須賀(黒毛)を交配して貰って産まれました。美喜号と峠ノ毬栗号の掛け合わせは2回目でした。1回目の仔犬達は全部雄だったので残しませんでした。
 残すかどうするか金指先生に観て貰うために、親子3人と楓と雄飛(同胎雄)を連れて湘南の海まで会いに行きました。楓を観て金指先生は開口一番、
『出来たな!』
 僕自身も気に入っていたのでその時は「出来たな」の言葉にホッとしました。
 幼稚犬クラスまでは何の疑問も無く楓を見せびらかして歩いていました。それが幼犬クラスになると気になる所が目に付くようになりました。黒マスクは仕方ないにしても、尾は硬いし剛毛も背筋の所しか見えないし色も汚いし肘付き弱いしサイズ小さいしで。
 三多摩展で若1組に出陳した時の毛色は『赤』でした。美喜号-大野ギオン荘を見出してくれた田野崎審査員が担当審査員でした。結果は5席若犬賞受賞。審査終了後『この犬は胡麻ですね』と言われ血統書を胡麻毛に変更しました。
 それから壮犬クラスまで展覧会に出陳して壮犬賞止まりでした。Youtubeを観て貰えると判りますけれど、若い頃の楓はお世辞にも綺麗な色とは言えませんでした。
 展覧会に出陳していた頃よりも、出産経験してそれも引退してから亡くなるまでの楓が一番良かったのかなと思います。黒マスクが抜けて尾巻きもゆとりが有り高く(現在の富久美姫号みたい)体の剛毛も増えて剛毛の黒毛と赤毛はちゃんと3段毛で。サイズと肘付きは変わらなかったけれども顔や体の皮膚も硬くなりました。展覧会に出陳しなくても湘南美雅荘に来た人の大体の方は楓に引き寄せられて居ました。時には「売ってくれ」と言うありがたいことを言って戴けた先輩方もおられました。
 交配で金指先生の所へお伺いした時、最初は前回と違う峠ノ紅法師号-相州丹沢荘(赤毛)を交配して貰うつもりでした。峠ノ紅法師号が美喜に掛かる直前『先生、やっぱ峠ノ毬栗号にして下さい』って言って峠ノ毬栗号を交配しました。もしもあの時そのまま峠ノ紅法師号を交配していたらどうなっていたのでしょう。

 皆さんが所有されている柴犬達は日々どのように変化していますか?
 完成に向かうご愛犬に、感じる事が有ればこっそり教えて下さい。

柴犬について先輩方に教わると言うこと




『うまいものを食ったことが無い奴ぁうまいものの味が判らない。』

ご近所の大先生・金指光春さんに教えて貰った名言です。金指先生と話をしているとどうしても(お互い若いので)エロな話になってしまいますけれどその会話の隙間に『なるほど!』と感じる言葉が飛び出て来ます。それに付随した、僕から皆さんへの問い掛けです。


―――みなさんは犬を誰に教わりましたか?どうやって犬の勉強していますか?―――


展覧会場やインターネットを観ているとですね、最近の人(←この言葉が出ちゃうようじゃダメな気がしますね)は一体どうなのかしらといつも思います。「誰に犬を教えて貰って、どうやって犬を勉強しているのかしら」って。

僕が思うに、昭和から犬をやっている人はある程度の縛りじゃないけれど規律みたいのが有って、それに基づいて目標に向かって頑張って犬を作出して来た気がします。それは一獲千金なんつー安い言葉で片付けられるものではなく。例えば味噌汁の味やお新香とか、日本古来から続く、日本人の歴史の中に培われた伝統を守るような作業で(僕は歴史とか地理は不得意でしたけどね)。そのような尊敬に値する先輩方は今でも第一線で頑張っておられます。
 日本犬、特に柴犬に関してだけ言うと、昔よりも外面的なものは平均点が上がった分だけ、展覧会に出陳出来る率が上がったのではないかなと思います。例えば欠歯に関して。昔は(←コレもヤバイですね)大変でした。
高額を出して購入(値段は需要と供給だから良いんですよ)した仔犬が家に居られるのは4ヶ月まで(第1小臼歯が出ない・・・・・・)と言う話はザラでした。交配に行って産まれた念願の子犬(おっ、顔がお父さんに似てるじゃん!ヨシ、この犬だけ残そう!)が4ヶ月でさようなら(第1小臼歯以下略)など。思春期の男の子には辛い物が有りました。

『歯なんて無くて良いんだ。』

これも金指先生に良く言われてきました。なにせ展覧会に出陳したい僕はとてもじゃないけど当時はその意見に同調出来ませんでした。でも今はほんの少しだけ歳を取ったからかその言葉の意味が判るようになった気がします。「歯なんて無くても、大事にしなきゃいけないことが他にある」って。

無論、僕は今でも展覧会に出陳して皆さんに観て貰って『何かを感じて欲しい派』だから、欠歯の犬は残さないし出来るだけ歯が弱いと思われるライン(←優しい先輩方から教えて貰います)は入れないようにしています。でも自分のところに『この犬を残すゾ!』と決めた時、歯は二の次にしています。残した仔犬が結果、完全歯なので展覧会に出陳している感じです。

『”イ○リ”でも良いんだ。』
(伏字は自粛しました。判る人だけと言うことで)

 これも今なら同調出来ます。上記と同じ理由でたまたま現在は問題無いので展覧会に出陳している感じです。



本題なんですけれど。

みなさんは犬を誰に教わりましたか?どうやって犬の勉強していますか?
こっそり教えてください。

満月の夕

はなしがい

人生ノーリードの雅志さんが言うのもナンですけれど。公道をノーリードで犬の散歩するのはどうかと思います。

今朝の犬の運動中に、いつも見掛けるノーリードのゴンタ君(ラブラドール風MIX)とその飼い主に遭遇。T字路突き当たった左側に居ました。早朝からイラっとしたくなかったので仕方なく右側に逸れてタカちゃんとミカリンの排便をさせました。で戻ろうとしたらオスワリしてリード着けたゴンタ君と飼い主がこっち見て立ち止まって居ましたよ。ガマンガマンと言い聞かせタカちゃんとミカリンを連れて横を通り過ぎようとしたら一言。

ノーリード飼い主:もう運動終わり?

雅志さん:をいお前!以下略

ゴンタ君の飼い主に対して何年も我慢してた怒りが一気に爆発した雅志さんは、ここにはとてもじゃないケド書けないアレで。
特に今日は妊娠していると思われる2頭の運動だっただけに思ってたよりも余計に以下略しました。
ノーリードの飼い主に以前、獺郷の猛獣も爆発した事が有りました。獺郷の猛獣が犬の運動中にノーリードのゴンタ君がいきなりコッチにグイっと来た事が有って怖い目に遭ったからです。その時はそのノーリードの飼い主、聞く耳持たずだったそうで。

ノーリードの飼い主の言い分はあらかたこんな感じでした。

A犬を放して散歩してはいけないなんて決まってない
Bコレは犬じゃない
C誰にも迷惑掛けてない
Dうちの犬は噛み付かない
Eお金かけて訓練入れてる
F話しかけるな

Aに関して条例とかその辺りは良く判らないんですけれど、ゴンタ君が他人に危害を加えることが有るかも知れないし特に犬だから何をするか本当の所は誰も判らないと思います。ゴンタ君に襲われるかも知れないと警戒しながら運動に行くほどやましい事は有りませんし。それに以前ゴンタ君には怖い目に遭っています

Bに関して同じ犬飼いだから気持ち的には犬じゃないって言いたいのは十分理解出来ます。でも物理的には犬です。何をするか判りません。大迷惑です

Cに関して僕は恐る恐る運動しなきゃいけないしひょっとしてイラっとしてるのは僕だけじゃないかも知れません。ノーリードの飼い主が怖くて言えない人が居るかも知れません。大迷惑です

Dに関しては犬ですから。うちの犬が噛み付く場合も有りますしうちの犬が噛み付かれたら僕は間違いなく飼い主とゴンタ君に噛み付きます。流血騒ぎになったりしたら大迷惑です

Eに関してお金掛けるのはノーリードの飼い主の勝手ですけれど。本当にお金掛けて訓練入れてるのか疑問ですし、それがノーリードOKの理由になんかなりません。何でそんなことを強く言うのかというとですね。
このノーリードの飼い主、以前から雅志さんの姿が見えると慌ててゴンタ君にリードつけるんですね。それでそれみよがしにゴンタ君をリードで殴りながらコラッ!て言うんです。何がコラだ?と思いませんか。ノーリードの飼い主がゴンタ君をノーリードで歩いてるのに、雅志さんの姿を見たらリード着けるのは少なくともノーリードはいけないことって理解してるんじゃないのかしら?って。言い張るならずっとノーリードにすれば良いのに。しかも何でゴンタ君がそのシチュエーションで殴られなければいけないのかサッパリ判りませんしなによりゴンタ君が可哀相です

Fに関してはお前から話し掛けて来たんだろがっ!コノ以下略と、細かく説明してあげました。

あとゴンタ君のノーリードの飼い主の一番イヤな行為はですね。ゴンタ君が出した排便を持って帰らないんです。湘南美雅荘では健康状態を調べる都合上、どの犬達も便を袋で回収します。袋から伝わる触った便の硬さや実際の所ニオイまでも確認します。
11111.jpg

『想い』みたいなもの

小学校の卒業式が終わった数日後に開催された日保神奈川支部展が展覧会の初出陳。まだ12歳でした。卒業したばかりの友人達が応援に来てくれたにもかかわらずC1(ビリ)でした。月日が経つのは早いです。それから神奈川支部展には多分、出陳するしないは別にしても大体フル参加していると思います。

僕は常日頃から「"犬だけ"じゃないよね~」って想いながら柴犬を作出したり、家族や周りの人達が出陳する犬を応援します。

展覧会に出陳すると1席の時も有るし、1番末席に置かれる事も有ります。この写真の時は棄権したのか最後まで残ったのか、あまりに酷い怒りだったため記憶が定かでは有りません(会誌を見れば判りますけれど今回の話に成績については無関係なので)。なぜ怒りを感じたのかと言うと、「想い」と言うか「気持ち」をボキっと折られたからなの。

当時、写真の犬・七宝里女号-不動ヶ滝犬舎は父が管理していました。湘南美雅荘で唯一、父名義の犬でした(父はこの頃すでに体調が悪く、自分で出陳するためリングに立った最後の展覧会でした)。

第1審の立ち込みはそつなくこなしました。サイズを測るために担当審査員が犬に近付いたら少し犬が暴れました。体力の有る時の父なら押さえ込むのですけれど、右半身が良くなかったので犬を制御出来ませんでした。

その審査を観ていたX支部のY審査員とZ審査員が『武田君、審査員に話してリングの中でもう一度サイズを測ってもらったほうがいいから』と言ってくれたので僕がリングに入り『もう一度サイズを測ってください』と言ったらおもくそ拒否されました。

昼前に帰ると言い出す父を制して午後の第2審は僕が引きました。画像をクリックして拡大すると判りますけれどこの時ほど目から波動砲が出ればなあと思ったことはありません。それ以来公言していますけれどこの人大嫌いです。

色々な『想い』が有る中、ひとつ『想い』を記してみました。僕が書いた事を、僕のことが嫌いな人なら悪意に取ると思うんですけれど、僕のことそんなに嫌いでは無い(どちらかと言えば好きかも、みたいな)人なら僕が言いたい事のド真ん中は判ってくれるハズです。
七宝里女.jpg

平成21年社団法人日本犬保存会全国展覧会にて



毎年11月に開催される社団法人日本犬保存会全国展覧会の模様です。
初心者の方々に展覧会の雰囲気が少しでも伝わったらいいなと思います。

管理犬からのお知らせ

このブログでは湘南美雅荘やその周りの方々からのお知らせをお伝えして行こうと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。

先日YouTubeを観たとある先輩に助言を頂きました。言われたことがその通りだと思ったし、管理犬がYouTubeで狙っていることも理解して貰えてたので嬉しかったです。

柴犬に興味は有るけれど、何気に突破口がないなあと思われている方って案外多いのではないでしょうか。ここを観られた方でそのような方がおられましたら一度ご連絡ください。うちの犬は余りお勧めしませんけれど(笑)同じ志を持った仲間達の犬舎でもゾクっとするようなこだわりの仔犬達が産まれて居ます。

このブログで告知希望の依頼は直接管理犬までメールくださいね。メールアドレスは【cyndi@timeaftertime.jp】です。お気軽にどうぞ!


湘南美雅荘管理犬 武田雅志
展覧会に興味が有る人へ.jpg
Calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71