ANGEL

動画版 日保会員有志による鑑賞会 平成24年

FCI 神奈川インターナショナルドッグショー2012



金子幸一先生と同じようにやってるつもりでもどーも上手く行かない(汗

月齢なりの

191497_164498556938532_100001351673713_339556_2949493_o.jpg
雅の毬古号-湘南美雅荘。  写真撮影時 生後8ヶ月半



409141_275786405809746_100001351673713_721746_1814380984_n.jpg
同じく雅の毬古号-湘南美雅荘。  写真撮影時 1歳5ヶ月半



若1組なのに、壮犬成犬みたく完成した表現を求めるのはちょっと気持ち悪くない?

奥義


DSC_0453.jpg
金指光春先生から


昨日は金指光春先生宅へ。
桃太郎号の完全後胎犬達の写真をみて鑑定して貰った。
現時点で私と姉が思っているのと同じことを言われた。

他にもちょっと公開し難い写真や言語(ぐぐったら差別用語だった)で御教授頂いた。
今は、自分の胸の中にしまっておく。

満月の夕



満月の夕(Full moon evening)/ ソウルフラワーユニオン

温故知新 SAMURAI 桃太郎号-湘南美雅荘の血脈探訪 資料提供 金指光春先生



貴重な資料。

金指光春先生と桃太郎

DSC_0111.jpg
金指光春先生は言いました。『過去に私が書いたこのイラストは、まるで桃太郎だ。』

桃太郎と金指光春先生 戦の後で
柴犬の隠れたスタンダード (金指光春先生版)
作画・文 金指光春先生

"SAMURAI" and Mitsuharu Kanasashi's after war.
Shiba-inu secret standard (Mitsuharu Kanasashi ver.)
Illustrating and written by Mitsuharu Kanasashi


■会話から垣間見る柴犬の見方

①目ブチ千両
柴犬の究極の美は、目と毛質にあると思いますが、人里離れた深仙奥山の深渕をのぞく思いの目、すなわち大自然と同化しうる神秘的な美しさ厳しさが表現されている目が最高ですが、ここでは奥まった目、深い目と言っておきましょう。

②真一文字
口吻が引き締まり、唇が一文字になっていて、弛みは良くないといったことですが、口を開けた時、横から見ると深く割れたように見えるものです。

③耳の中が白く抜ける
柴犬は裏白が基本ですが、耳の中の毛が白く、長くないのが、顔貌を引き立てます。

④後頭部より頸部(ナゾエ)
後頭部の充分な発達と頸部に至るまでを言いますが、毛質にも関係し、全体として奥行きのある頭部と表現しましょう。

⑤狐足に似る(ツマミ)
趾部を表現したもので猫足ではない「狐の足に似て、指甲より爪にわたり稍長形をなす」ことを言う。いわゆる大きくなく、しっかりと握りしめていることだと思います。中号(明石荘)、中市号(明石荘)の系統にこの足が多く、全体の動きが非常に敏捷で有ると感じます。

⑥弓状線
後肢がふんばり良く、力強く見え、内側の線が弓を張ったように見えることを言います。

⑦背線との空間は広い方が力強い(オニギリ1個)
オニギリ1個、または、ムスビ1個と言いますが、巻き尾でも背線と尾の間にオムスビが1個入るな空間を持てと言うこと、すなわち、巻き過ぎはダメといった意味と思います。

⑧幅広いものは動きが重い
太いとか、大きいとかの表現は必要なく、内側の弓状線と共に、厳しい、強い、逞しさが必要で、角度と連係して、筋肉、筋腱の発達と共に、乾燥した体質からくる動的メカニズムが要求されます。無論、各部との調和の比例ですが、電光石火の動き、猟野での能力発揮の上からも、この部分に注視することによって、他の各部も理解できます。

⑨被毛は三段毛
顔貌など精神的な表現以外から、外貌上の素朴感は、実にこの被毛から受ける比重は高く、純粋性をも表現します。この三段毛とは、1本の毛が赤毛の場合、先端の五分の二が赤、次に白くボケ、その次に黒い部分が五分の一、後は毛根まで白くなることを言い、中号(明石荘)、中市号(明石荘)の系統に多く、現存する系統では、白馬の源号(琅鶴荘)の系統、山陰系統の中の冴え味のある少し黄味を感じさせる柴犬の赤毛に多いとだけ述べておきましょう。


■稟性

 柴犬の神秘的な特性を一般的には稟性と呼んでいますが、柴犬の本質の中で最も重要な柱の一本で有り、純粋性と共に持っている総体的な特性、性質の「悍威・良性・素朴」から品位、精神状態の表現まで、有形、無形のものです。
 一般的には、この稟性、すなわち、本質的なものが非常に神懸的とまで言えるほど理想的に説明されていますが、実際には、犬の気質は飼い主に、大変感化影響されると言われます。特に柴犬のように原始的な犬は、長い年月の歴史を日本民族と共に生活してまいりますと、日本民族の気質が柴犬にも現れるもので、一、他人になかなか慣れない。二、感情の表現が地味で分かりにくい。三、非社交的で頑固で有る。四、非常に勇敢であるが、反面喧嘩っ早い。五、特に訓練しなくとも、家庭犬として容易に定着できる。六、他の生物に対しての感心が高く、猟性能が有る。七、帰家性もある。
 このような本質が、精神的な面として内在しています。よく展覧会場などで「スタンダード通りの犬を作出して連れて来たから今日は1席だ」と公言している人を見かけますが、柴犬のスタンダードとは標準体形のみを言っているのでは無く、最も重要な本質とその表現までを言うので有り、そんな場合、その犬は、飼育者に似てチャラチャラとした軽薄なものが多く、稟性を中心とした柴犬の品位、風格の美しさなど感じられません。所謂柴犬としての価値の低いものが多いと思えます。「仏作って魂入れず」といったところでしょうか。
 柴犬は日本の有史以来、猟犬として、その姿態、精神的なものも含めて、あくまで祖先が持っていたものを具有していなければなりません。そこに柴犬の存在価値の大部分が有り、保存も含めて、柴犬に対する日本人として、熱い血が沸き立ってくるのです。
 審査は、確固不抜の信念と勇気、学識経験と熟練を積み、犬を一見してその価値を洞察し得る能力が判定に現われます。その能力と判定いかんによっては、実に柴犬の盛衰に関わるといっても過言ではありません。

FCI東京インターでごっちゃんがグループセカンドに

いまごろ炎上

334621_260786183976435_100001351673713_681199_120372829_o.jpg

ネット的に最近はフェイスブックで忙しく。楽しいよ世界は。
友達一気に増えた。

なので炎上した日本のブログ情報を自ら発見することなく。

アソコのブログにこんなどうしようもない事が書いてあるよと他人様から聞いて確認する事が多い。ふぅんそうなんだ、みたいに。

でもさあ多いね。
他人からのコメント書けないようにしてさ。
見せるだけ見せて触っちゃ駄目ヨよみたいな。
まんま公開自慰じゃん。露出狂なのかそれともかまってちゃん。

姉もやってるけどアメブロのアメンバーつうのもどうなのよ。
いや、アメブロ自体はOKなんだけどね。気持ち悪いのはアメンバーってシステム。
題名だけチラ見させて続きはアメンバーにならないと見られないですからみたいな。
これから先はクリックするとみたいなアレみたいなアレじゃん。

そのうち起きるんじゃないの?
アメンバー殺人事件。

2年位前にアメブロで実験したことが有るんだけれどね。
わざと「他人様の気を引く」ような題名つけてアメンバー、みたく。中身は何も書いてないんだけどね。そしたらカウント上がる上がる(笑



それで極最近炎上したとこの話。最近は愛知がアツいらしいよ(笑

柴犬が好きですから

なんちゃって書けば何でも書いていいのかつうの。

柴犬が好きですから

なんちゃって書けばうちに喧嘩売っても無かったことになるのかつうの。

つうか

もう一度三豊錦に齧って貰えよ~

誰かコイツに首輪つけとけよ~

誰だよ飼い主。



日曜日に金指光春先生が来た。
神奈川支部の芦川実さんがリッキー連れて来た。
神奈川支部の田代秀樹さんが乳母車で来た。

お天気が良かったので外にテーブル出してお茶会。

成長過程に有る犬達の体高を公開測定。みんな順調。
リッキーは金指光春先生に直接計測して貰ってた。何年ぶりなんだろ。

驚愕なのは、若い頃には体高一杯だった(り、ちょいと浮いたりの)犬が一様に体高が下がってると言う事実。何年か前に1頭の犬で気付いたんだけれども全員、下がってる。

リッキーをまず金指光春先生に鑑定して貰った。
微妙に先生の反応が悪い。ハイもう判りました、みたいな。

もしや、と思い。

先生気になるとこ、もしかして性徴感って言わないですよねえと。
おおその通りだ、みたく。

リッキーは現在生後6ヶ月。実はこの胎には雌が3頭(ごっちゃん含む)だったのでその中の雌犬だと思って見たらしく(同胎の雌は1頭は埼玉、1頭は横浜に。リッキーも横浜)、ちょっとオスっぽい、って。だってオスですもんリッキー。

桃太郎を見せる。
いつも通りのコメント。

ごっちゃんを見せる。
いつも通りのコメント。

金指光春先生がごっちゃんをいつ褒めるのか待ってるんだけれど。中々褒めないね。
ごっちゃんの両親、そのまた先祖の血脈で、自分自身が気付いている『展覧会的にはちょっとな~』な部分が修正されてるからごっちゃんを残した訳で、その説明を金指先生に延々とした。胡麻の毛色だからって残してるんじゃないですよって言った(まあ確かに胡麻毛は自慢の一つだけれど)。産まれた瞬間から自分はごっちゃんだったんですけどって。
(修正と言う言葉一つ取り上げても、言葉で表現って難しいと思う。「直す」んじゃなくて、「貰って来て」それを「凝縮する」、みたいなこと言いたいんだけれどね。)

いきなりごっちゃんを褒めそうになったかと思ったら『おーっといけねえ』と今度は悪口を。

ちょっと肘が甘くないか~? 

って。

まだぜーんぜん運動入れてませんから~ 

と返した。

早目にごっちゃん褒めておかないといけないと思うんだけどね先生(笑

金指光春先生と武田雅志の""斬り合い""は続く・・・・・・。

でも、正直な所を言うと

金指光春先生は褒めてくれない方が武田雅志は燃える

んだよね。
Calendar
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71