ごっちゃん


DSC_0576.jpg


DSC_0577.jpg


DSC_0578.jpg

写真は本日撮影した雅の胡蝶号-湘南美雅荘。
一年前に雪の中で撮影したものと比べると、年齢を重ねた感じ。


この写真は昨年の2月に撮影
740457_456096731112045_1220160237_o.jpg
この写真は昨年の2月に撮影


現在、生後1年7ヶ月。
壮犬になったからそろそろ作出でとは思うけれど、この調子だと多分春季に状態が満タンになるので、また展覧会場で先達の方々に観て欲しい気もするし。年齢を重ねて行く姿を観て欲しいんだよね。

ごっちゃんは色々と大変だろう、その点、リキテン(雅の力天号。ごっちゃんの父犬)は飼い易いだろう、と金指光春先生。そうなんです、ごっちゃんは一代一主だから気に入らないと女優の仕事をすっぽかす。そこがまたごっちゃんにハマる要因なんだけれど。
ごっちゃんの気まぐれが飼い主に良く似てるのは理解している。

昨日、ごっちゃんの名付け親さんにお会いして来た。
名前を付けて下さいとお願いした時「まだ歯が決まってないからもし歯が出なかったらと余りに可愛がってるのが心配だった」って。「歯は大丈夫ですよって言われても心配だった」って。
大丈夫って思ってると何となく大丈夫になっちゃう。と言うか絶対に大丈夫だって言い切るとこも大事かな。

天狗今日で生後5ヶ月


DSC_0489.jpg

DSC_0479.jpg

DSC_0476.jpg


天狗号-湘南美雅荘


天狗の父犬は桃太郎(湘南美雅荘)。母犬ははつ恋号(湘南美雅荘)。共に赤毛。
天狗は5頭兄弟姉妹で天狗と雌の松古だけが黒毛。
産まれた時から毛質は天狗と松古が良いなと思ってたのは2頭が黒毛だったからか判らない。
赤毛3頭は家庭犬として旅立ち、天狗は湘南美雅荘に残り、松古は野武士小屋へ。
天狗というサンプルで黒毛を教えると、金指光春先生に言われた。

正直、黒毛の配色に関しては全く自信がない。
展覧会で高評価を受ける犬を観ると、天狗みたく黒色が強めのは余り居ないし、タン(茶)が濃い目の犬は特に。個人的にはタンが殆ど無い黒毛が好みだけれどもそこは昨日も「好みで犬を観てはいけない」と金指光春先生にサラッと言われたばかり(汗)。

昔の資料・写真など観ると、タンが濃い目の犬が多い。
毛色だけで物事を進めたくないので、配色の話は終わりで。

毛質。天狗のそれは、硬さと長さが有る。
静かに目を瞑って、天狗が黒毛なのを忘れて触ってみる。すると、桃太郎を触った時に似ている。

写真を残さなければいけないと思い、今朝撮影したのが上の写真。
全身全部の被毛がツンツン立っているのが見えると思う。身体はまだ5ヶ月だから5ヶ月なりだけれども、毛は誤摩化しようがない。あとは目。


真上から撮影
DSC_0454.jpg
真上から撮影


春は若1組。歯は大丈夫そう。あとはまだ5ヶ月だから5ヶ月なりの感じ。5ヶ月で壮犬の表現だったらおかしいじゃん。

姉がハンドリング。天狗がこれからどのように成長して行くのか見届けたい。

記録と記憶


DSC_0172.jpg

桃太郎が産まれてからずっと写真をアルバムに残している。
湘南美雅荘の犬達は仔犬の頃から写真を残しているけれど、こうやって改めて一頭だけをピックアップしてアルバムにして残したいと思ったのは桃太郎が初めて。

眼力 メヂカラ

最近、国内外の人間が良く言うんだよね。

「目は大きいほうが良い」。

それはほんとうですかと、帰りの会が有ったら泣かすくらいに詰問したいね。



DSC_9936.jpg



DSC_9945.jpg



『眼は、大きさじゃなくて、眼力を大事にしないといけない』。

そう教わった。

ビックリした眼じゃ味わいもへったくれもない。

側貌


DSC_9990.jpg

桃太郎の側貌その1




DSC_0014.jpg

桃太郎の側貌その2





後方→側貌→前方→顔(眼)を覗き込む。

だけじゃない


739848_454428111278907_810934859_o.jpg



桃太郎号-湘南美雅荘 <カラー版>



oldphoto.jpg



桃太郎号-湘南美雅荘 <古写真版>

桃太郎が舵を取れ!


DSC_9917.jpg

尾も遺伝。
尾はどこに繋がっているか理解するとその重要性がね。
金子幸一先生に教えて貰った"犬の動き"。
金指光春先生に教えて貰った事。
野武士小屋の金指真吉さんの言葉。

経験に基く貴重な知識。

自分自身が知らなきゃ他人に教えようがない。
教えないのが悪いんじゃなくて知ろうとしないのが悪い。
『良い犬』って何よ『良い犬』ってさー。
どこまで遡ってみた?
もっと遡ってみてよ。

DSC_9927.jpg




桃太郎、お前が舵を取れ!

桃太郎の毛の開立と角度


DSC_9867.jpg


DSC_9914.jpg


平成25年1月4日撮影の桃太郎。
抱っこすると毛が痛い。
桃太郎が居ると超興奮しちゃう。とにかく凄い。

開立と角度


DSC_2455.jpg

ごっちゃん8ヶ月時の被毛。大雪の日に撮影。ひと振りでパーっと全部どけることが出来る毛質。
赤毛でも黒毛でも胡麻毛でもこんな感じでなきゃ納得出来ない。
ごっちゃんよりも桃太郎の毛の開立角度が全然凄い。換毛中でも関係無く。

りゅうとごっちゃん


537634_447050248683360_1633144248_n.jpg

雅の正三号-湘南美雅荘  りゅう
父犬 雅の力天号(湘南美雅荘)  母犬 貴春女号(不動ヶ滝犬舎)





737087_455254691196249_1865754365_o.jpg

雅の胡蝶号-湘南美雅荘  ごっちゃん
父犬 雅の力天号(湘南美雅荘)  母犬 紅子号(野武士小屋)



ごっちゃんの生まれてからの成長過程をFacebookにアップロードしている。
最初は自信の無さそうな顔してるのが、成長していくと共に生意気な顔へと変貌。
でも似てる。ご先祖様に。
Calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71