Mitsuharu Kanasashi's Notes about the post standards of Shiba-Inu.

e.jpg
20130125201035.jpg


Mitsuharu Kanasashi's Notes about the post standards of Shiba-Inu.
Illustration by Mitsuharu Kanasashi
Following text is by our mentor, Mitsuharu Kanasashi’s description with his own understanding.

- The way to see and examine the Shiba Inu through the conversation with Mr. Kanasashi. The following text has been translated with the concept for letting the people outside Japan to understand how the person such as Mr. Kanasashi who’s been the witness of the whole scene.

1. The “eyeline”matters as a million dollars.

I consider the primal beauty of the Shina Inu could be seen with its eyes and the fur, otherwise the hair. It is hard to describe what I mean about the eyes but it could be said as those eyes are like seeing the deep valley, looking up the high cliff wall of the remote. What I am trying to tell is the image of something that easily blends into the great nature with some kind of mysterious and serious feelings, and such is the best. For now, let me say it could be the eyes set back, otherwise using the word Okume
(O-Koo-May). Oku-may is not the round eyes which looks cute and charming.
Oku means “far” of say “Set back”. The eyes don’t look round because it is set back. (Note: Consider the almond shape and look as it is calm and seeing the far.)

2. MaichiMonji/ The straight-lined mouth.

Muzzle shape is sharp and the “lips” look staright when the mouth is closed, and doesn’t look “lose”. When opened, it could be look as a slit.

3. Inside the ears are whote.

Many might know that the basic of the SHiba Inu is what so called the “Urajiro”. “Ura” means back, “Jiro” which means as “Shiro”. The belly side should be white, is what it means. As same as this, inside the ears must be white. I mean the fur color. White and not long makes the look of the face much sharper.

4. Not the back of the head but the Neck section (Nazoe/ Na-Zo-Ay).

What this means is that the well built back of the head to the Neck but not only that. It includes the other factors such as the fur/ hair, and turns to the meaning of the state of the whole head part which has the good enough length.

5. The foot looks as the fox(Tsumami/ Tzu-Ma-Me).

This doesn’t mean as the cat foot. It is an adjective for the lower leg section. It means as“From the end where the nails coming out and looks as the short fingers, the whole leg shape looks as of the fox”. The paw part is not wide spread and looks as it is grabbing something surely. The breed lines of Naka-Go and Nakaichi-Go (both Akaishi-Soh) feature the this shape. With such shape, I think the overall movement of the dog is sharp and swift.

6. KyuJoSen/ Bow Arch Line

The KyuJoSen reads as Cue-Joe-Sen which means the "arch line as the bow" of the bow and arrow. Maybe this could be said as "the tapered line".
The term means the "line of the belly from the side view" and if this is good, the look gets better with the extra supporting image enhancing the both rear legs catching the ground surely and mightily.

7. The space in between tail and the Back Line (Haisen, reads as High-Sen) looks much stronger, or say mightier. (About a width of the fist/ wider than 3 inches but lesser than 4 inches.)

In Japan, we make a ball with the cooked rice to carry on for meal and its size varies but the typical one is about 3inches wide. Lesser than 4 inches for sure. We call the rice ball
(usually covered partially with Nori, the seaweed sheet) and it is called as "Omusibi/ Oh-Moo-Sue-Be) or Musubi (Moo-Sue-Be, which means one rice ball).
We use either the Omusubi Ikko which means One Rice-ball or Musubi Ikko (same as former) and it means the preferable or say preferred space in between the silhouette line of the back and the tail, even it is curled. What this means is that "too much curled" is not preferable.

8. Too"wide" is slower, or say "heavy" in action.

It doesn't mean big, thick or whasoever. With the KyuJoSen (of above 6) which is the belly side line, the body part should enhance the strength, mightiness and the severeness to stand against the nature. These factors are the reflection of the well developed muscle and tendon with the preferable "angle" balance of all those things which gathers and brings the dynamism of the breed.
Shiba Inu moves quick otherwise swiftly, and it is by the total balance of the many factors. The lightening
fast movement of the small hunting breed could be seen and felt from the look. Take the careful look on this leads to the much further understanding for the other things.

9. The coat is formed with the "Three Part Hair".

The facial look enhances the characteristic of the dog. The simplicity of the "Look" or say the appearance is heavily relying on the "Coat" and it shows the "pureness" otherwise the "genuineness".
This "Three Part Hair" means, for example, if the dog is the Red or say the Tan color, the tip part of the hair, say the2/5 is the red or the tan, and then it fades to near white, then the black part about 1/5 of of the hair could be seen, and then it ends with the white to the root.
This typical feature is obvious with the Naka-Go and Nakaichi-Go of the Akaishi-So and its line. This feature could be seen with the present Hakuba-No-Gen-Go(Roukaku-So) and its line as well as many dogs with the sharp but yellowish Red coat Shiba Inus from the San-In region.



Hinsei

The word consists of two words. The latter "Sei" means character or the
characteristic. The former "Hin" is a bit difficult to tell. Before going further, the Hinsei is one of the major or say the important factor when the Shiba Inu is discussed. It is the core of its pureness by all means, including the three important characteristics of the Japanese breed dogs which are the "Kanni(Kan-E)", "Ryousei" and the "Soboku". The "Kanni" means many things which consist the braveness, composure otherwise self-possessionpresence of mind. Also the decentness and pride, and the sharpness and concentration. All these are in the one word of Kanni which reads as "Kan-Ey" or "Kan-E".
Ryousei means goodness and turns to Naturally Good or Well. Soboku is simple. It mesa the natural simplicity. These are the impression which could be seen or felt from the stat of mind, or say the sureness of the mind. Some are substantial, some are not, and all those are tied up together and told in one word as the "Hin-sei".
Generally speaking, the Hin-sei is described as the most preferable state as somewhat religiously. But in reality, the dog reflects the owner's character. Otherwise having the major influence from its owner. Shiba Inu is the very "primitive" breed. It has spent long years or say centuries with the Japanese people. So it reflects the basics of the Japanese people's characteristics. Those are such as;

1. Shy and takes time to get used to, or friendly.
2. The expression of the mind is not as dramatic and hard to figure.
3. Not much socialized and stubborn.
4. Brave but shot tempered.
5. Knows how to blend and live together without conflict without having no major training, which means as it can be the part of the owner family.
6. Has the instinct for having the strong curiosity with the other animals, thus it has the instinct of the hunting dog.
7. Has the sense to track down the way back home.

All these things are forming the Shiba Inu's characteristics.
Sometimes you see people at the shows telling as "I have the great looking dog which meeting all the standard specs and I might get the higher prize".
But what we see in the dog is not the standards which are able to be shown with the numbers or the shape. What we care is the above described Hin-sei the most.
Sad to say, the dog of the big mouth owners are often missing the big part of the Hin-sei. In another words, it is hard to see the decency with the pride, as well as the presence of the preferable Shiba Inu expresses. (Also this is why it is hard to judge the Shiba Inu with the typical dog show judgement style.) When we see and had to judge such dog, we have to have the bitter smile on our faces. In Japan, we have the wireman's words which is "Curve the Buddha in perfect shape but forgot to put the soul into it". It can be said as so.
Shiba Inu is the breed which goes back to when the nation of Japan has formed. (The full bones of the Shiba Inu was found at the cemetery of the ancient ruins which has proofed as it is of the Rope era.)
We see these characteristics of the dog with the size, shape and those standards and we consider as it is very important to preserve the Shiba Inu holding those things with the higher level. That's what we have the passion and the enthusiasm for what we do with the pride. It is the part of the culture and as matter of fact, Shiba Inu is appointed as our Natural National Treasure.
Thus the judging at the exhibition are done with the pride for our own culture, with sureness in the resolute manner by the well trained and experienced authorities who has the eyes and senses to see the Rin-sei of the dog. That's what the prizes of not just the order of the total points but in many different factors are given. If not, then it would be just the same as the beauty pageant and our proud Shiba Inu's heritage and tradition will be forgotten and gone.

Note:
The word "Hin" of the "Hin-sei" is about the same of the state of mind, or say the whole expression of the brave, well respected king of the tales of the medieval times.

野性動物

桃太郎が産まれた時に、興奮した理由のうちの一つ。
産まれた時から毛質が凄かった。

『野性動物みたいな毛』。

これは当時、桃太郎の毛質を金指光春先生に説明しようとしたら、言われた言葉。
4頭兄弟姉妹の中で、桃太郎だけがそんな感じだった。それだけに、超興奮した。

先祖の血脈から受け継いだ毛質をまた自分自身が行う作出で次に受け継ぎたいと思っていても、総てが受け継いでくれるはずもなく。

それで今回の毬古と桃太郎の仔犬達。本日撮影生後21日目。

DSC_2028.jpg

産まれた時から桃太郎に似ていたのが一頭。生後21日目に成長してもやはり桃太郎の毛質。
荒れたような毛質、野性動物を想像させる、燃えるような毛色。とにかく硬い。

この写真も本日撮影生後21日目。

DSC_1993.jpg

一枚目の写真と同じ順番に並んでいる仔犬達。
この中で画像向かって一番左は母犬の毬古に似ている。と言うことはコリキ(毬古の父犬・雅の力天号)に似ている。真ん中は雅の志信(毬古の完全後胎犬。ごっちゃんの同胎)に似てる。と言うことは紅法師(ご先祖の峠ノ紅法師号)に似ている。


画像向かって一番右は桃太郎に似ている。

日本犬の眼

出典  「日本の犬と狼」 斎藤弘吉 著
     昭和三十九年八月一日 雪華社 刊




【 日本犬の眼 】


 我が国古来よりの犬の眼の説を申し上げますと、今より約四百三十年ばかりの前にあたる永正三年三月吉日の奥書ある、『斎藤朝倉両家鷹書』という秘伝の犬の相好の事の部に「かくの如くなる犬よし、いろいろ口伝ある也。いぬいかにも目のまえをれて」云々とあります。この目のまえをれてとは、素直というような意味合いではないかと存じます。
 小橋治郎右衛門『犬の書』、これは慶長二十一年八月十三日の奥書のある、すなわち今を去る約三百二十年ばかり前の書でありますが、この書の乾の巻、犬見様の事の部に「目ははし前斗りまもり、まぶち高く、目色はしゅたんにあぶらをおとしたるがごとし」云々、また「犬めきき(中略)見様口伝なり、まなこのつき様いろいろふく中までも見る也」とあります。目ははし前すなわち喙ばかり守り見るということは、いたずらにきょろきょろせぬ、落ち着いた、胆力のある、しかも鋭敏な精神を表わす眼の表情を巧みな言葉でいったものであります。まぶち高くということはむしろ眼球の張り出ぬ、奥まった眼という意味と解釈したらよろしかろうと存じます。目色はしゅたんに油をおとしたるがごとしのしゅたんはなにをいったものでありましょうか、朱丹の意味かとも考えられ、あるいは紫檀の意味かとも考えられます。油を落としたるが如しの一句で大体の虹彩の感じを表したものと思います。また犬目利の部まなこのつき様いろいろとありますが口伝となっていて残念ながら判明致しません。
 『唐流鷹深秘訣抄』の犬吉相の事の部には「眼は一つ」として「いかにも目あひ近きを良とす」とあります。この書の犬吉相の書き振りはいかにも変わったものでありまして、耳の説でも申し上げましたように、「疣か耳か」として「いかにも耳ちひさきをよしとす」といい、やや極端に説いております。この目あいもあまり離れたのは、いかにも愚鈍な相でありまして、御犬名所図やその名所の説明を書いた『御犬書』を見ますと、この目あいの延びている犬を河伯子犬と称し、定家卿鷹三百首中の和歌「谷川の流るる上を風かけて、鳥をたつるやおその子の犬」を引いて、「谷川などにてかくるをば、谷渡りともいへど、かけこすとも云がよきなり、おその子の犬とは鳥をば立れとも犬やりの遅きをぞなり、此の目あひの延びたる犬は下かんなるもの也、それをおその子の犬と云ふ」と説明しています。
 犬やりとは、ここでは犬の突込みのことを意味し、下かんは勘の悪いという意味であります。しかしこの目あひ近きを良しとするも、離れ過ぎぬようの注意と解釈したらよいと存じます。その他『鴨寄犬引伝書』の鴨寄犬の相形の部には簡単に「目は茶色」といっているだけであります。
 我が国の最も権威のある秘伝書の『蒼黄集』『蒼黄秘抄』は眼についてどのように伝えているかと申しますと、いずれも犬を相する上において、最も重大に慎重に取り扱っております。『蒼黄集』『蒼黄抄』は、この眼のところは同文であって、「犬形之事」の部に次の如くにのせてあります。
 「(前略)眼至って見所あり、考る所此の一眼に限れり。口伝あり習を得て明むべし。有増をしるす。白犬に黒眼あり、黄犬にかし目と云て鷹の眼の如く玉のまはりに大なる輪あり、人目より惣眼とも赤し、黄犬に限らず他の毛色にも眼替あり、多く気性強しと云へり。さかしきあり、にぶきあり、せはせはしきあり、静かなるあり、気短あり、温和なるあり、強気あり、至て愚なるあり、是皆いぬを繫ぐ時目を持って考ふ。見立てる時に犬を好くと見損あり。巧をと得見立べし」
 まず、犬を相することのうちで眼は最も肝要である。考究するところはこの1ヵ所であると、その重大に扱うべきことをいっています。次に口伝あり習を得て明むべし、すなわちその微妙なところは書いて伝うべくもないので口授を受け、かつ実際に経験を積んで会得せよ、しかしながらその大略を記すと断って、変り目のことすなわち尋常の目色でない眼について、また眼によって判断する犬の性質、賢、愚、利、鈍、強、弱、静、懆、をいろいろ述べております。最後に是皆いぬを繫ぐ時、眼を以て考ふ。すなわち犬を選択する時は眼の表わす犬の性質を考えて決定するのである。といっております。繫ぐといいますのは、当時公儀御犬牽が、町や村々に放し飼いされている多くの仔犬中から、自分の仕込まんとする犬を一頭選択して、まず馴れさすために自分のところに繫ぎます。それで選ぶことを繫ぐと申したのであります。当時公儀犬牽は、一人に付いて一頭乃至二頭の犬を受け持って専心調教したものであって、この一頭乃至二頭のために代々扶持を頂き、その犬の調教のできばえ、将軍家御前での犬の働きばえによって、一身一家の浮沈に関係するものでありますから、その仔犬の選択も苦心をしたもので、名犬となるべき素質を持っている犬を、探すにずいぶん苦労したものと推測されます。繫ぐ時眼を以て考ふ。眼をもって犬の性質を判断するに精力を傾倒したものと思います。なお最後に、見立る時好くと見損あり、巧を得見立べしと注意がしてあります。最初に見たときに毛色や、形等によって、好きな犬だと思って見る時はその犬の性質の欠陥が判らず見損うことがあるものである。単に観賞のための犬ではなく、調教使役せんとする犬を選ぶときは、好き嫌いに煩わされずにその犬の本質を見抜かなくてはならぬ、それには巧を得、すなわち、不断の研究と多くの経験を経て選択せねばならぬと結んでおります。
 蒼黄秘抄には次の如くに書いてあります。
 「(前略)此の形を考見て何もよき様にみえ候はゞ、眼中を得と見るべし。人に愛されてそだち、食餌にも乏しからず成長したる犬は、眼中すなほに見え、恐けも少く、自然と性のよき所見ゆるものなり、か様の犬を好て用べし。相形は能く見え候ても、常に人に追はれ呵られ、食にも乏しくして成長したる犬は、自然と眼中にこりありて、人を恐れ形気悪し、か様なるは馴けもむづかしく、取り扱ひむづかしきこと多し(下略)」
 「(前略)眼中はたいゆうなる所を好む。(中略)眼中黒目がちにしてぎろぎろしたるは、得てさわがしくしてよろしからず。鳥当りにもさわがしく、年老ても直りがたく、少の事にも恐れて鳥をけ逵ること多し」
 前文のこの形を考え見てというのは、犬体各部の体型毛色その他すべてを考究してみて、良しと考えたなら最後に眼をとくと見られよ。生い立ちの良いものは性質素直であって、仕込みも容易であるが、形は良くても生い立ちの悪いものは性質が素直でなく、仕込みがむずかしい。このような犬は、眼中に自然と凝りがあって、すなわちなんとなく不純なところがあって判るものであるといっております。後文には眼中大勇なる所を好むと書いてあります。大勇なる性を表わす眼、すなわち眼の形、色、動き、表情が悍威、大胆、細心、賢知、順良、落ちつき等を表わす所のものは、最もよしとしております。これは猟仕込みのことのみならず、あらゆることに使役するに理想とすべき眼でありましょう。眼中黒目がちであって、ぎろぎろとしたのは得て騒がしくてよろしくない。鳥の嗅にをつける時でも騒ぎまわり、いささかのことにもびっくりして、鳥の嗅いをかぎちがえること多く、この性質は年老いても直らないものであるといってます。この黒目がちでぎろぎろした犬というのは眼の大きい、張り出たものによくあり、ちょっと強そうに感じるものでありますので、特に注意したものと思われます。
 以上は我が国古来の眼についての説でありますが、動物学の世界を見ますと、故渡瀬博士が「眼は茶色で、ある角度をなして上に向ひ」と講演したと『理学界』にでており、『動物辞典』には「眼は稍斜にして勇猛の相あり」としるされて、いずれも外眥の上がることを申しております。変わり目については『両羽博物図譜』が「眼の白青変駮馬の如きを見ること一にして足らざるなり」と述べております。しかしこれは明治三十年代の洋犬のだいぶ入り混じった時代の見聞記でありますので、我が国古来の犬にかのごとき変り目ありや否やは、今後の研究に属することと存じますが、鹿児島地方においても明治初期に金目、銀目、の説があった由を聞きます。しかし同地方は最も早く外国のものの輸入された土地で、洋犬の入ったのも全国中最も早い部に属する地方ではないかと考えられます。
 本会規定の日本犬標準の眼の部を見ますと、「稍三角形にして、外眥上り、虹彩濃茶褐色を呈す」とあります。これに私自身の考え、解釈の仕方をそえて申しあげますと、まず第一に眼が適当の位置にあって、両眼のあまり離れ過ぎぬこと。もちろんあまりに近接し過ぎましたものは嶮しい、陰険な感じが致しましょうが、近接過ぎると思われる眼は少なく、離れ過ぎると思われる眼は多少見受けられます。それで昔から、目あいの延び過ぎぬことを注意致したものと思われます。第二に眼の形のやや三角形で少々外眥上がることであります。眼の形は犬のその時々の精神によって変化あるものでありますが、その平静な時の眼の本来の形が、下目縁線がやや一直線をなし、少々斜めに上り上眼縁線は内眥すなわち目頭をなす方の線より外眥すなわち眼尻をなす方の線がやや長く、三縁線のなす眼の形は、やや三角形に近いように思われます。眼が丸くて目尻の下ったものは日本犬にはないように存じます。第三に眼の大きさでありますが、特に大きな眼は自然出張り出た、俗にいう出眼に多く、いわゆるぎらぎらとした眼で、臆病、少しのことにも騒しい犬に多くあります。特に小なるものは、多く眼の深まった位置にあります。このような眼つきのものは、勇敢であるとともに強情な性質も多いように存じます。やはり家庭犬としての日本犬は大ならず、また、極端に小ならず、中庸を得た程度の眼が望ましいかと存じます。第四に眼の深浅であります。もちろん張り出た俗にいう出眼は悪しく、やや奥まった位置でなければならぬと存じます。ただここに御注意申し上げますのは、同じ程度の奥まった眼でも、眼の大きさの小さなものは実際以上に奥まった感じが致し、同じ深さでも眼の形中程度のものは目立つほど深く感じないものであります。第五に虹彩の色であります。しかし日本犬そのものの目玉の色は濃茶褐色が基でありましょう。これより深い色をしているものに、やや青みがかった、深海の色とでも申すような眼があります落ちついた大胆な性質のものに多いように存じます。ここに御注意申し上げたいのは、左右の虹彩の色の多少ちがうものがありますことで、私のかつて飼育しておりましたあ、小型の牡は、左眼が濃茶褐色で右眼が今申し上げました深い青ずんだ眼を致しておりましたが、気性はなかなかよい犬でありました。目玉の外輪にやや色の浅い輪の入ったものがありますが、日本犬としては体型のやや感心せぬ犬に多く、かつ気性も、鼻っぱしは強くともどうも最後の落ち着きがない犬に多いように考えられます。第六に眼の動きであります。さきほど申し上げましたように、昔の秘伝書には「はしさきばかり守り見」とありますが、要は、ぎろぎろ、きょろきょろせぬ目使いが大切かと存じます第七が以上を総合しまして眼の表情、その犬の心を表現する眼の表現であります。眼のかがやき、眼の動き、眼のすべてが日本犬の本質である悍威、大胆、素朴、落ち着き、忠順、素直、彗智、鋭敏を表わすものでなくてはならないと存じます。
 なお眼の外傷その他は多少注意すれば判明致しますが、普通と変わりないように見えて、視力のたいへん弱い、俗にいう鳥眼と称されるものが犬にもあります。これはよほどご注意なさらぬと判明せぬことが多いように存じます結局眼によって犬を相するということは、その人その人の深い体験によって会得すべきことで、古人のいったように、巧を得て明むべしの一語に尽きるかと存じます。(昭和九年十一月)

目型と目色と私


DSCN6852.jpg
昨日金指光春先生に仔犬達の鑑定をしてもらった時の写真

正座のが楽なのは小さい頃の躾。でも大人になってから重量が増えたのでこの後は横に崩していたはず(あぐらかけないのよ。身体が固いんで)。



DSC_1712.jpg
本日撮影その1

DSC_1749.jpg
本日撮影その2

今日は太陽の光があたる位置で仔犬達を撮影。色味の見え方が大分違って見える。
今回産まれた仔犬達の来し方行く末をFacebook経由で問い合わせて来る外国人が多し。



天狗に反抗期が始まったのは既報の通り。
自分より2.5倍も大きな犬に何も考えずに向かって行ったり、マウントしたり、言いつけに来たりと目まぐるしい。それでも精神面は一過性のものと理解し、上手に乗り越えるように気を使う。

天狗の体躯は若武者ぶりを観て取れる感じ。所詮まだ6ヶ月のお坊ちゃん。
今日は写真撮影した。

DSC_1955.jpg

呼んでも無視するくせに、こんな風に生意気な目つきするんだよね。


DSC_1901.jpg

背中の被毛がおっ立ってるのは父犬の桃太郎譲り。


DSC_1928.jpg

目型と目の色はこんな感じ。黒毛色だと丸目に見える気がするけれど天狗は丸くない。目の色も黄色く見えないし、ギラギラしてないので大丈夫じゃないかなあ。



DSC_1932.jpg

目の周りの毛色も1ヶ月前と比べたら大分白く抜けて来た。これは大事だと金指光春先生から教わった。


DSC_1953.jpg

顔の頬の部分の黒の筋。産まれた時は繋がってて、一度消えて、またうっすらと出て来た。産まれた頃に有った前腕のタンの部分のエルヴィスみたいな腕毛みたいな黒い毛は色が薄くなって来た。

毎日こと細かに見て憶えて記録してないと見逃しちゃうことって多そう。気をつけないと。

じゃいつやるか、今でしょ!

今日は午後から金指光春学校。
金指光春先生宅でまずは桃太郎の仔犬達・熊と蘭を見せて貰い、次に湘南美雅荘で課外授業。

毬古と桃太郎の仔犬達を観て貰う。

長男・次男・三男の順番で観て貰うと、ニヤリとする先生。
『なんでこの順番で見せるんだ〜?』

仔犬達の中に、桃 太 郎 が 居 る !



玄関ホールでストーブ炊いてお茶を飲みながら仔犬達や日本犬の話。
先達の方々が書いた書物についての話。
桃太郎に流れる血脈の犬達の話。

『今ね、木版に犬の顔を彫刻してるんだよ。出来上がったら雅志君に』。

ええええホントですか?今どの位進んだんですかと聞いたら『一度出来上がったんだけどね。気に入らないからまたやり直してる』と。『納得行かないものじゃ駄目でしょ』。

えええええええ嬉しいな〜ところでどの犬の顔を彫られているのですか?

『イモだよ』

704869_442182779170107_322373425_o.jpg
通称 "イモ"。金指光春先生が撮影された8ミリフィルムより



『運動はサボってないので状態は変わらずに良いと思います』と切り出し、桃太郎をどこから出陳するのか相談。大体決めてある場所を伝えると『出してみろ』。

運動はサボってないのにハンドラーさんが少しアレなので暫く頑張らないと。

名利没却

仕事から帰宅して、金指光春先生宅へ電話した。

843095_476174959104222_975800401_o.jpg
画面向かって左から
雅の志信(赤雌)雅の志音(赤雌)雅の力鉄(赤雄)雅の胡蝶(胡麻雌。ごっちゃん)
父犬 雅の力天号-湘南美雅荘  母犬 紅子号-野武士小屋


859079_476175032437548_684807460_o.jpg
画面向かって左から
長男(赤雄)次男(赤雄)三男(胡麻雄)
父犬 桃太郎号-湘南美雅荘  母犬 雅の毬古号-湘南美雅荘


今回産まれた仔犬の中で1頭、金指光春先生に名付け親になってもらう。
今回は先生と姉と僕が選んだ犬は一致の模様。ごっちゃんの時は違ったんだよね・・・。

金指光春先生にいくつかの候補を挙げて貰った中に、姉の琴線に触れるのが有り。
どうなるか。明日、金指光春先生のお宅へ行くことになった。



  『名利没却し単なる趣味、娯楽、物好きにあらず。
   遠き古代の生活にふれ、歴史を知り
   過去、現在、未来に生きる人々の心を繋ぎ
   日本人の子孫に伝えるものです。』

の話になった。

『雅志君は「利」は没却してると思うけど、「名」はどうだ?』と聞かれた。

少し微妙にピンとくるものが有ったけれど『自分が作出した犬が変なとこに行ってしまって、憐れな思いをするのは嫌です。「名」を上げたいとは思ってないけれど例えば展覧会の成績は、評価を得た上での結果、そうなることで、それは後の話だと思うし、本当に自分が「名」を上げたいとは思っていなくても、誰にも判らない自分自身の問題だと思います』と答え、『それ以外の部分に関しては、自分では極力遂行しているつもりだけれど、それを他人様がどう思うかは気にしていないし、結局は自分自身の問題なんだと思います』と答えた。
この答えが正解か不正解かを判断するのは、自分自身では無いと思う。



今日も桃太郎達は朝から元気に挨拶。挨拶が少し文句言ってるように聞こえたのはちょっと寝坊したつう負い目が有るからかも。でもいつも通りにしっかりやり遂げた。

やはり天狗は反抗期だね。歩きながら言いつけにくるふりして足にマウントと甘噛み。小学生達のところへいきなり飛び出たと思ったら急にこちらに来て体当たりする。それでも叱らずに、犬舎の前で抱っこしながら話を聞いてやる。この時は大人しいんだよね。



毬古と桃太郎の仔犬達は立ち上がるのが早そう。毬古と、同じく毬古の後胎ごっちゃんも立ち上がるのが早かったな。すばしっこい感じ。

日々成長と掘り下げる日々

DSC_1708.jpg
「日本犬の研究」 高久兵四郎 他 共著 成光館
金指光春先生からお借りした書物。他にも数冊。読破したものから順次返却しないと。



今日は天狗の運動場を少し変更した。成長してきたので逃げ出さないように高く。毎日でも少しずつ成長してるんだよね。抱っこしてても気付く。
ちょうど生後6ヶ月。生後6ヶ月なりの大きさかな。産まれた時は5頭兄弟姉妹だからか少し小さいなと思ってたけどちゃんと成長してる。

桃太郎も生後7ヶ月未満の時はどちらかと言えば成長が遅めだった。それに比べてごっちゃんは桃太郎と1ヶ月年上なだけなのに大人になるのが早かった。雄は余り育てたことが無かったから経験少ないけれど、やっぱ雄は成長が遅いね。

最近、天狗を連れ出すと決まって何かを拾っては放り投げまた拾ってはを繰り返す。少し反抗期に入ってるな。今日は特にひどい。足にマウントしてくる回数も、飛びついて噛んで来る回数も増えたし。
でも今の時期は超大切な時期。絶対に強制的に矯正しようなんて思わない。見てみぬふりしながらちゃんと見ててあげる時期。飛びついて噛み付きながら目を見るから、見ぬふりじゃなくてちゃんと話を聞いてやらなきゃいけない。へえ、そうなの。って。

天狗はどちらかと言うとロングリードは使わない方が良い気がする。それが無くても自由奔放に動くし、物事に順応し易い。普通に人間との距離を教えるだけでカッコイイ男の子になるね。

天狗が運動から帰って来たら犬舎の前で抱っこしながら天狗の話を聞く。誰かに似てるんだよな天狗の顔。目の付き位置とか。と思ったら判った。楓の同胎雄(雄飛)に似てるね。雄飛の足は臭くなかったな。




新宿ゴールデン街 扇ひろ子



天狗と桃太郎と毬古、眠る前の排尿終わり。毬古は子育てしてるけれどまだ痩せてない。ちょっと小太りだったからかね。

今日も良い一日でした。

true colors

永らく使用していたPHSの受話音が聞こえなくなったので、同じ機種か若しくは新しい機種に変更しようかとwillcomへ。その旨店員さんに説明。ピンクの旧型を見て『誰がお使いですか』とか言いやがり。使ってる本人が来てるに決まっとるだろが。
新しい機種にしてやるかと、新しい機種の説明を求めるもスラスラと答える。あんま種類ないもんな。
で棚にスマホみたいのが有ったからついでにそっちはどうかと聞いたら「契約が違うんですよねえ」と。ソフトバンクなのかな。で、それは取り敢えず止めといて最初に選んだ機種に変更して貰った。

それがコレ。
48076_475224715865913_127394078_n.jpg
右が旧型で左が新品。
旧型のと殆ど変わらない仕様なので使い易い。HONEY BEE 5(ごっちゃん)。



DSC_1648.jpg


DSC_1652.jpg

毬古と桃太郎の仔犬達、生後16日目。眼が開いてから鼻を乳と間違えて吸ったりなめたりするのがこれまた可愛い。


DSC_1704.jpg


DSC_1659.jpg

クーーーッ、たまんないね。可愛すぎる。

ま、でも可愛いのは取り敢えずこっちにおいといて。

仔犬達の事、大体は姉と話して決めてある。
今は記録と記憶を辿りながら、成長をひとつも見逃さないように神経を張りつめている。
犬から教わる事って本当に多い。無論、教えてくれる犬にもよるけど。人も書もそう。
新種を作るのでなければね。



今朝は昨日よりも若干早目に起床。桃太郎と天狗を驚かせてやった。
ごっちゃんの運動の時にご近所のウォーキングしてるオバサンに出会った。この色はなんて色なの?と以前聞かれたので胡麻毛と教えてあげたのを憶えてた。今日は名前を聞かれたので『胡麻毛だからごっちゃんです』と。『女の子は大体この位の大きさです』。
珍しい色なんでしょといわれたので、まずは両親が赤毛なのを説明して、胡麻毛のご先祖様がこの犬の血脈に居るのを説明。そこでやめといた。



Facebookで外国の方から教えて貰って、外国で開催されていたドッグショーのビデオを見た。柴犬のクラス。


勉強になった。



http://www.westminsterkennelclub.org/breedresults.php?year=2013&breed=shibainu

http://www.westminsterkennelclub.org/videos/#/vid:2624931/ 



いつも通りに桃太郎と天狗と毬古の「寝る前排尿」をさせる。天狗は運動場所に放すとすぐに排尿。桃太郎と毬古は引き綱を着けて連れ出して排尿。
排尿した後で少し桃太郎の引き綱を持ってじっとしてみるのが密かな夜の楽しみ。桃太郎の身体中に力が漲り、尾先がピリピリと小刻みに振動する。眠る前にこんなの見せられたら興奮して眠れなくなっちゃうね。眠るけど。
桃太郎を犬舎に寝かしつけてから最後に天狗を犬舎に入れる。天狗を抱き上げると相も変わらず


天狗の足は臭い。

老体に少し強めの鞭

今朝は目覚ましが鳴る1分前に目覚めた。鳴ったと同時に停止ボタンを押す。が、桃太郎が気がついて大騒ぎ。多分音じゃなくて時間を理解しているんだろうね。体内時計みたいなものかな。
それでも暫くはそのまま動かずにニッポン放送を聴きながらダラダラと。でもどうせ起きて運動に行くんだし遅くなると車が増えるしなと起きた。

雨具(犬達の運動時は晴れでも雨でもコレ)を着て外に出る。桃太郎と天狗がおはようおはようと大騒ぎ。可愛い。まず天狗から運動場所に放す。排尿と排便。暫く待ってて貰って桃太郎と運動に出掛ける。

昨夕の運動で桃太郎が排便しなかったのでどうしたんだろうと少しだけ心配したけれど今朝は全く普通の感じ。いつもの場所でチャッチャと済まして走り出す。
毎日の変化を見逃さないように推進力を確認しながら引き綱に圧を掛けたり外したり。身体も少しずつ完成に向かっている。

天狗然り。
天狗のが成長の幅が詰んでいる感じ。グラフの横よりも縦のが増えている感覚。大事な時期だから興味を持つものにも注意する。向こうっ気の強い所は桃太郎に似ているけれどそれによって怖い目に遭わせたりしてもいけないので引き綱の使い方も慎重になる。

昨夜、一代一主のごっちゃんにひどい目に遭わされたが、今朝は機嫌が良い。コチラをチラリチラリラリと見ながら運動。呼び掛けても少し無視されてるような。ごっちゃんは発情が来るのが早いかそれとも展覧会シーズンを迎えるのが先か。

毬古と桃太郎の仔犬達はスクスク育っている。眼が開いたので可愛さも格別。1頭、ごっちゃんに性質が似たのが居る。これは本当に細かい確認だけれど、それを見逃さないで記憶していないと判らない事。そういう発見もまた楽しいし不思議だし、血脈というものへ更に想いを馳せる。
他人様にとってはそんなことどうでもいいんじゃないの的な事でも、自分で作出している醍醐味の内の一つだと思う。リングの中で良ければいいってもんじゃない。



金指光春先生からお借りした本を含め、この展覧会オフシーズンに多数の本を手に取って読んだ。

かいがん


昨日撮影したFCI神奈川インターナショナルドッグショー2013

昨日は柴犬の審査が一度に始まり、そこで勝って次にすぐそのまま別のリングでグループ戦の開始。息つく暇も無く移動更にヴィデオ&応援。

結果は遠州のおじさんが出陳した柴犬がグループ2席に。記念のお立ち台写真を撮影するために写真のお立ち台で順番を待つ。

代わりに犬の引き綱を持っている時に、またもやギャル達が集まって来て『カワイイ〜』を連発。写真撮影したそうだったのでその辺に居た遠州のおじさんに「はいアシスタントさんそっちで呼び込みして!」と命令。呼び込みが上手だったのでカワイイ写真を撮影して貰った。

25年振りにJKCのリングに参加した遠州の佐藤おじさん。ビデオ観てもお判りの通り走り回ったお陰で、帰宅直前にはなんと、しゃがめなくなった。佐藤おじさんお疲れ様でした。



今日は二度寝。
朝いつも通りに起床して桃太郎と天狗の排尿だけさせて再び眠り。
で、ゆっくりした後で犬達の運動に。たまには許して。
昼間に昨日のYouTubeを作成。アップロード。



毬古と桃太郎の仔犬達は今日で3頭とも目が開いた。かわいいな〜。
それぞれに個性的。どの仔も近くや遠くの血脈に似てる所がある。
もう暫くするともっと顔の表情が判って来るようになる。楽しみだ。



FCI神奈川インターが終わったら次は日保の展覧会シーズン。こちらも楽しみ。

DSC_1478.jpg
Calendar
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71