紅子


DSC_6509.jpg

写真は本日撮影した紅子号-野武士小屋。流れる血脈に、先達の方々の想いが濃縮されているべにこ。
白黒写真がよく似合う。べにこは「色」に誤摩化されない。

べにこを野武士小屋で発見してから3年経った。べにこは毬古とごっちゃんの"基礎雌"2頭を作出した。毬古も桃太郎との間に仔を産み、ごっちゃんも発情待ち状態。

べにこは完全歯。でも展覧会には一度も出陳したことが無い。

むねいっぱいのあい 



いろんな人が居て成り立ってるんだなあ。つくづく思うよ。ああ今日は厚顔無恥って使うの2回目。
「旨い物を食べた事が無い奴には」って言い放つ金指光春先生の言葉が脳内リフレイン。ホントその通りです先生。

今朝もいつも通りに犬達と。桃太郎は思ったよりも状態が保てているな。

体調は大分復活かな。連休、マーライオンのように嘔吐したのは遠い昔の出来事。


眼は奥目。


アタクシも若干の水分摂取し過ぎて奥目でございます。

手を抜かない



一度で済むのなら一度で片付けようと思っちゃう。何とかなるもんだね。
ガキの使いじゃあるまいし。



今朝はいつも通りに犬達と接した。
桃太郎は機嫌が良い。天狗も馬鹿っ走り。ごっちゃんはじめヲンナの園軍団も軽快な走り。
昨夜から桃太郎と毬古の仔犬達は2頭の生活になった。ちょっと寂しそうな風に見えるけれど多分本人達は人間が思ってる程では無いのかも知れない。

帰宅してテーブルの上に置いてあったコピー用紙。あああの人が以前送ってくれたものだ。
四つ折りのそれは見る度にホントマジむかつく。
どこぞの馬鹿が人におせえる時に使ったんだと。奇麗言ばっか書きゃがって。その通りに全然やってねえだろが。おい、お前だよ。べっつにさーマニアックなモノを否定しないけどさー、


お前はデブ専かっ! 


つうの。ホントマジむかつく。山走れねえだろそれじゃあ。
あのレジュメ通りにやれやこの※△▲●□○が。

は〜すっきりした。体調、大分復活した。



以前、Facebookで毛色の表記について少しムキになってみたことが有ったけど「私達の国の言葉では"赤"では無く"RED"です。黒では無く"BLACK AND TAN" です」って言い張られてその国の言語も尊重しなきゃいけないなあなんちて思ってたけど。

駄目だね。

赤はAKA。黒はKUROで通さないと。

日本の言語も尊重して貰わないと。特に日本犬は日本が原産なんだから。言葉の意味合いも色を表現するんだから。
黒毛を「B/T」とか活字で書かれるとBUCK-TICK(←大ファンです)かダックスフンドのそれを想像しちゃうは僕の想像力が豊かなだけじゃない。作ろうとしているのが活字そのままのB/Tになっちゃってる。REDなんつったら酷いんだから。胡麻をSESAMEって言うけどこれもね。やっぱGOMAでしょ。

と言うことで、赤はAKA、黒はKURO、胡麻はGOMAで皆さんも宜しくお願い致します。

成長過程のこととかも書こうかと思ったけどそろそろお休みの時間。

黒毛の、鼻鏡と鼻梁の境い目の毛色のこと

今日撮影した天狗。

DSC_6314.jpg

DSC_6320.jpg

DSC_6335.jpg

DSC_6385.jpg

天狗の「鼻鏡と鼻梁の境い目の色」は、殆ど黒で繋がっている。
もし仮に、この部分の毛色が時期により変化が有るとするならば、少し思い当たることが有る。

紅子号(野武士小屋)の同胎犬雄で赤毛の石助号(野武士小屋)も同じように「鼻鏡と鼻梁の境い目の毛色」が白になったり赤毛になったりしてまた繋がる。けど、紅子は一年を通して「鼻鏡と鼻梁の境い目の毛色」は繋がったまま。ずっと赤毛。

紅子と石助の父犬は黒毛の鉄号(相模旋風荘)で、鉄はどちらかと云うと先祖に黒毛が多数入っている。あ、なんかどつぼにハマりそう。取り敢えず、天狗も時期で変化するのか、これからまた見守ってみたい。マクロに。

黒毛の、鼻鏡と鼻梁の境い目の毛色のこと

引き続き天狗の成長過程を。


793661_470278009693917_1555980473_o.jpg

798252_470286786359706_1833512046_o.jpg

798292_470638669657851_678503286_o.jpg

820924_470283613026690_1060112972_o.jpg

857408_480282882026763_485666292_o.jpg

886620_489994917722226_1037634065_o.jpg

段々と黒毛の「鼻鏡と鼻梁の境い目の毛色」が出て来た。赤色や白色に見える。けど。不思議なんだよね〜これが。

次回に続く。

黒毛の、鼻鏡と鼻梁の境い目の毛色のこと

引き続き、天狗の成長過程。



841177_466780660043652_1276240008_o.jpg


842967_466787283376323_1996753081_o.jpg


841102_466790803375971_2112832135_o.jpg

819393_470273096361075_1274368447_o.jpg

この時期まではまだ「黒毛の、鼻鏡と鼻梁の境い目の毛色」は普通に黒毛で繋がっている。

桃太郎が産まれた日から今までのつぶやき抜粋

2011年7月7日 ハマナ無事出産!

2011年7月11日 ハマナの実家から届きました! 土用に早いけどいただきまーす!

2011年8月17日 ハマナの仔犬達、雄1頭と雌1頭を残す事に決定した(武田家会議)。桃太郎と雅の志江里。

2011年8月22日 桃太郎号-湘南美雅荘 父犬 金太郎号 野武士小屋 母犬 富久美姫号 浜名晴山荘 桃太郎は、姉が世話することに。

2011年9月5日 やばいな。桃太郎が欠歯になったりしてガッカリさせてくれないと、三年後にはゲームオーバーになりそう_| ̄|○

2011年9月5日 僕が桃太郎に持つ自信の根拠が、口では上手く説明出来ない。

2011年9月5日 旨い鮪を食べたことがない奴にはその味が判らないと金指光春先生。 旨い鮪を食べても判らない奴には判らないと桃太郎の母犬作出者。 単純明快。

2011年9月22日 日曜日の神奈川支部展覧会にてごっちゃんは大人気だった(笑) 桃太郎。ある先輩が最近の柴犬で気付いて居ると言ってた部分と、ほぼ同じ部分が気になるようで、どう言う風になるのか成長過程を見てみたいと言われた。あんたらが選んだんだから何かあるんじゃろ?って。 あると思います!!

2011年10月26日 桃太郎に関して、思う事が山ほどあるけれど、一言で簡潔に説明出来ない。

2011年10月27日 桃太郎、どうなるんだろう・・・

2011年10月27日 桃太郎が出来てから毎晩姉と「もうこれ以上の犬は出来ない」って話している。「ハマナと金太郎だから」って。

2011年10月29日 昨日金指光春先生に電話。一昨日届けた桃太郎の生まれてから現在までの写真の感想を聞いた。 湘南実雅荘のHPを見てる方々から『先生は桃太郎に何点付けますか?』と聞かれたそう。『いつもなら最高点で80点、大体70点ですよね』と。 あー先生桃太郎には100点満点くれますかと聞いた。 続く

2011年10月29日 桃太郎は130点だと言われた。

2011年10月29日 『どうして桃太郎みたいのが産まれたのか、今調べているところなんだよ』と金指光春先生。桃太郎の先祖の血統書や写真を引っ張り出して調査開始している、って。 『桃太郎が産まれて、興奮してるんだよ!』って。一番興奮しているのは誰?? 続く

2011年10月29日 野武士小屋で桃太郎(※金太郎の間違いです)を発見した時に、ハマナと交配したらオスに絶対に凄いのが出ると、私と姉は思ってたと話したら『生意気だ!ぶん殴ってやりたくなるな』とやはり興奮気味。 でも桃太郎の何が凄いかを人に言葉で説明することが出来ないんです、と言ったら  続く

2011年10月29日 『桃太郎はアンダーショットになるんじゃないか?』と、ネットに流出している桃太郎の写真を見て良く聞かれるそう。残念ながら大丈夫なんですと金指光春先生に話す。第一小臼歯も大丈夫ですと伝えたら『完璧なる犬を持ってると辛いぞ』と。人は得てして悪い所をさがすもの、だと。 続く

2011年10月29日 桃太郎がこのまま順調に成長したら、桃太郎以上の犬はもう作れないと思いますと説明した。

2011年10月29日 来年から3年間は姉に桃太郎で頑張ってもらいますと伝え電話を切った。 パソコンの前に居たのでひさしぶりに長いつぶやきでした。 終わり

2011年11月2日 金指光春先生から電話。茨城の成績と桃太郎の話。 あーそう言えばあの雌の胡麻は幼稚犬で出したのかと聞かれたので幼犬で幼犬賞を貰いましたがと。五割入賞だから大変でしたよーと軽く自慢した。おっといけねえつい釣られて褒めそうになった、褒めて欲しいのか?と憎まれ口を叩かれ_| ̄|○

2011年11月4日 どうやら桃太郎は犬舎をどうしても汚したくないらしい_| ̄|○ まだ四ヶ月ならないからおしっこ近いのは仕方ないね。鳴いて教えて我慢してるだけ健気。

2011年11月8日 姉が桃太郎を綱付けて連れ回すようになってから、朝の排便させる時間が遅くなった。助かるけどなんだか少し物足りない。習慣でつい早く起きちゃうんだよね。

2011年11月28日 お気に入りの柴犬 桃太郎号-湘南美雅荘 白黒に耐え得る野武士っぷり。

2011年11月29日 桃太郎とごっちゃんがあさはやく鳴かなくなった。タンクおおきくなったみたい。

2011年12月2日 桃太郎とごっちゃん起きたか? よし、起きるぞ!

2011年12月5日 桃太郎とごっちゃんトイレ済ませてひとやすみ。 これから大人の犬達の世話。

2011年12月6日 桃太郎とごっちゃんだんだん起きるの遅くなってる。あと少しの辛抱!

2011年12月6日 秋季神奈川支部展覧会の雑務で昨夜は支部長宅へ。ついつい桃太郎の話をしてしまう。今日は仕事の途中抜けて教育委員会に書類提出に。

2011年12月8日 桃太郎とごっちゃん寝る前のトイレ終わり。トボケて寝ちゃおうかと思ったらちゃんと鳴いてお知らせ_| ̄|○

2011年12月10日 今朝も桃太郎とごっちゃん早起きトイレ。うー寒い!

2011年12月13日 夕べは桃太郎とごっちゃん眠る前に騒がず。今朝もまだ排便に鳴かず。この調子でも少したのむ!

2011年12月15日 桃太郎とごっちゃん今日は起きないなーと思ったらやっぱり鳴いた6時半。偉いよねちゃんとトイレ教えるから(´Д` )

2011年12月16日 桃太郎とごっちゃんトイレ終了。 今朝もおりこうさんだな~(´Д` )

2011年12月17日 桃太郎とごっちゃん今朝は早かった(´Д` ) なんで?

2011年12月21日 早朝の桃太郎とごっちゃんの排便が最近は遅目になったので少し楽が出来るなあなんて思ってたら、三豊錦が微妙に認知症が進み。オシッコの回数が増えたので寝る前の仕事が増えた。でも苦じゃない。家に居るなら最後まで、何歳になっても、の精神。だって凄いんだから。現在15歳と7ヶ月!

2011年12月25日 田舎っつっても湘南藤沢。 桃太郎とごっちゃん寝る前の排尿排便おわり。今朝みたく遅くまで我慢出来たらな~。 生きものを扱うのは物凄く自分の時間が消えてくんだよね。好きだからやってるんだけど。 小さい頃の写真見たりすると今の姿がとても頼もしくてジワ~んとする。

2011年12月27日 桃太郎とごっちゃん眠る前のトイレ終わり。かわいいな~2人とも!

2012年1月2日 桃太郎号-湘南美雅荘 どうなっていくのか、、、、、、本当に、自分が思っているようになる気がする。

2012年1月3日 姉が水谷豊のドラマ観てるんで桃太郎の夕方の運動サボりやがるんで代わりに桃太郎遊んでやったら凍えた。引き綱はハンドラー以外は着けさせたくないのでフリースペースで遊びの相手。とにかく寒い。

2012年1月4日 桃太郎とごっちゃん排尿排便終了。待ってるんだよな~偉い!

2012年1月9日 桃太郎とごっちゃん就寝前のトイレ終了。可愛いな~

2012年1月9日 これから金指光春先生が桃太郎とごっちゃんを鑑定しに湘南美雅荘へ。

2012年1月9日 金指光春先生が昼間の暖かい時間に桃太郎の鑑定に来た。 春季が楽しみ!

2012年1月11日 これから桃太郎とごっちゃんとみとじいさんとひいらぎばあさんの寝る前のおトイレタイム。

2012年1月12日 寒いっ! 桃太郎とごっちゃん珍しく早目にトイレ

2012年1月24日 今夜は風呂にはいってる間に桃太郎とごっちゃんの寝る前トイレを姉が珍しくやったので楽だけどなーんとなくな~

2012年2月11日 桃太郎とごっちゃん朝のトイレ終了~ 段々減ってるね回数。あと少し。

2012年2月19日 ごっちゃんと桃太郎で今年を迎える事が出来たのは非常に嬉しい。 もう30年だ。 まだ30年だ。

2012年2月26日 今日は金指光春先生がハマナの仔犬達と桃太郎とごっちゃんの成長具合を確認しに来た。ごっちゃんの点数が前回初評価65点→今回評価67点。2点アップした。えー70点じゃないんですかーと聞いたら『下がってないんだからいいだろ?』って。

2012年3月6日 三多摩展が終わってから桃太郎の元気が無い。体調が悪いとかでは無く、まあハッキリ言うと落ち込んでる感じ。 気にする事ないよ桃太郎はお兄さんとお姉さんが凄く気に入ってるからと慰めるのが余計逆効果なのかな。今日は姉に遊びに連れ出して貰って少しだけ元気になったみたい。

2012年3月6日 まだ子供な桃太郎がすんごく可愛いo(^▽^)o

2012年3月9日 桃太郎、遠吠え中。たしかハマナも同じく(笑)

2012年3月12日 野武士小屋から連絡が来てな、桃太郎を欲しがってるんだよと。

2012年3月12日 『昨日、兄貴に桃太郎を見せたのが間違いなんだよ』と最初に言われたのですぐにピーンと来た。悪口を言うことは無いにしろ、逆に僕と姉が恐れてた方向なんじゃないかなと思って話を良く聞くとやっぱり。。。 『もう一度桃太郎みたいな犬を飼育したいって言ってる』って兄貴が言ってるって。 つづく

2012年3月12日 申し訳ないですけれど桃太郎は絶対にうちからは出さないです、と説明。 野武士小屋には金太郎が居るじゃないですか、と説明。 桃太郎の2年半後に期待して待ってて下さい、と説明。 誰が飼育しててもいいじゃないですか、いつでも観に来て下さい、と説明。 つづく

2012年3月12日 もう桃太郎みたいな犬は二度と作れないし、と言うのも有るけれど、我が家で気に入ってるんだから仕方ない。本当に気に入ってる。

2012年3月13日 桃太郎が凄く小さな声で鳴いてるので外に出したらおトイレだった。ごっちゃんは鳴いてないけど一緒におトイレ。

2012年3月17日 昨夜も金指光春先生から電話で講義を受けた。 桃太郎は交配出来なくても、そこに居るだけで価値が有ると言う。まあ実はTwitter限定だが桃太郎は今週二回交配した。初めてなのに上手であっと言う間にロッキング。びっくり(笑)誰に似たんだろうね。誰に似たんだろう つづく

2012年3月17日 誰に似たんだろうの桃太郎。完璧な骨格構成は静岡の大先輩、山本晴男さんの浜名晴山荘から受け継いだのは間違いない事実。僕と姉の意見は一致。浜名晴山荘の先祖を金指光春先生は知らないけど、僕と姉、そして浜名晴山荘主山本晴男さんは知っている。金指光春先生はコリキだと思ってるが つづく

2012年3月17日 違う。コリキも有るだろうけど、浜名晴山荘の犬作りを見たら間違いない。 桃太郎の同胎、後胎、そのお母さん更に遡ってみても、兎に角堅固でしなやかなボディ。 桃太郎は煮詰めた血脈なのに、焦げ臭くない。このまま大人になったら本当にすごい事になる。 最近は吠え声がオトコになってきた。

2012年3月17日 昨日、長野のMさんから電話が来た。コリキと紅子の組み合わせ仔犬を希望されたよう。嬉しいし有り難い話。桃太郎達うちの犬は懐かしい犬だと言ってくれたのが何より励みになる。先達の方に褒められるのは素直に嬉しい。そ言えば、金指光春先生が昨夜は暴露。私も認めなければいけないことが つづく

2012年3月17日 湘南美雅荘や桃太郎の仔からは桃太郎以上の犬はもう出来ないと思いますが先生もそう思いませんかと聞いたら、生意気な事言いやがるなー、でも私はまだまだ犬に対する欲が有る、桃太郎と毬古とごっちゃんを足したような犬が欲しいな、ジャンケンのグーチョキパーだ。どれも持ってる犬をな。 つづく

2012年3月17日 違うと思う。 桃太郎はグーチョキパーの総てを備えている。今はまだ八ヶ月だからスクラッチを強くこすらないと出て来ない部分がたくさん有るけど。成長して死ぬまで、凄いものを見る事が出来る、見せてくれる犬だと確信している。桜の散り際も綺麗なように。 このツイートが二年半後に見直した時に

2012年5月13日 今日は平成24年春季公益社団法人日本犬保存会関東連合展覧会(埼玉支部展覧会)でした。湘南美雅荘からは桃太郎号と雅の毬古号と峠ノ鬼美奴号を出陳しました。

2012年5月13日 桃太郎は小型雄部若犬一組優良1席若犬賞受賞! 雅の毬古号は小型雌部壮犬組優良1席日保本部賞受賞! 峠の鬼美奴号は小型雌部幼稚犬組幼稚犬賞受賞!

2012年5月17日 今夜は田代さんがまりこと桃太郎関東連合一席貰った祝勝会で夕飯をゴチに。微妙に食べ過ぎた 金指光春先生に二ヶ月ほど前に言われた桃太郎の顔の感想を初公開で姉と田代さんに教えた。 地主の顔してんだよ。畑の大根抜いて持って帰んなよ、みたいな。 判りやすい(笑)

2012年5月17日 桃太郎と一緒にリングへ入ると出ちゃう。多幸感を伴う脳内モルヒネが。 最初に気付いたのは中部連合。もしかして関東連合でも出ちゃうかもと思ったらやはり出ちゃった。 間違いなく、桃太郎を超える犬はもう作れないな。

2012年5月18日 今週からまた桃太郎が朝早くからトイレを催促するようになった。大体午前1時から3時位。 最近は朝早くのオシッコは諦めて足上げつ犬舎にしてたのが、関東連合から帰宅後また我慢するようになってしまい。 叱るわけにはいかないので起きて排尿させた。 ごっちゃん、桃太郎、カワイイ(^^)

2012年5月21日 桃太郎と一緒に観た。

2012年6月22日 一昨日の桃太郎、来月で12ヶ月 眼の表現力出てきた。 微々たる成長も頼もしい。

2012年6月22日 桃太郎、二年後に、ど う な る?

2012年6月22日 雨が降っていても、風が強くても、桃太郎の世話、顔を観て、眺めて、それがすごく贅沢な時間。

2012年6月28日 ごっちゃんは女の子だからか判らないけど早々に落ち着いて来てる。相変わらずおにいさんLOVEなのは変わらないけど。 桃太郎はまだまだ子供。色んな事柄に興味が有るみたい。最近はバイクとサッカーと野球に興味が有るらしく。 どんな子が産まれるんだろ。

2012年7月18日 桃太郎のが換毛が早い。顔は古い毛が残ってるからサルみたいだけど、身体は古い剛毛だけが全般的に残っている。特に何をする訳ではなく、あくまで自然に任せるつもり。運動は相変わらず緩急つけた短い時間だけ。よくブログとかに●●KM毎日っての見かけるけれど桃太郎はそんなことしたことないね。

2012年7月18日 桃太郎は自慢じゃないけど(自慢だけど)最初から骨格構成が良い。だから動きに一切の無駄が無い。堅くて柔軟性の有る動きは最初から。母系に感謝。 幼犬~若1組の身体から、少しだけ若2組の表現になって来た体躯。触ると判る。抱き上げると判る。 もうこんな犬は二度と作れないんだろうな。

2012年7月18日 はつ恋ちゃんは桃太郎の仔を身篭っている。だいぶお腹が大きいので暑苦しそう。でも産室に動かすまでは極力自然の状況におきたい。 はつ恋ちゃん初めての仔。桃太郎が個性的だから多分桃太郎に似たのばっか産まれてくるんだろうな。

2012年7月18日 昼間暑かったみたいで水を沢山飲んだからか、桃太郎がオシッコお知らせ。 可愛い。

2012年7月24日 誰もやらない、と言うのは言い過ぎじゃない やってる人も知ってる 厳密に言うと誰もがやらない、が近い やるしかない 桃太郎が出来ちゃったから

2012年8月6日 『だってさ、雄でしょ?どう観ても』 桃太郎の写真を観てのやまびこ荘主。

2012年8月14日 桃太郎とはつ恋の仔犬達、黒毛が出た。 思い切り先祖還りじゃん、、、、、、

2012年8月18日 紅子からフレンドリーな部分(誰にでも尾を振るなど)を取り除いたら桃太郎。 大胆不敵なとこは共通点。

2012年8月19日 桃太郎が出てくるのを待ってた 桃太郎俺も好き 今日聞いて一番嬉しかった言葉

2012年8月24日 昨夜は桃太郎を初めて叱った。

2012年8月24日 野武士小屋から電話。日保の会誌を観ての感想。 まりこが一番いいな〜って。 桃太郎とまりこの個評も読んだとの事。ごっちゃんのは読んでくれたのかな。 血脈の関係者に喜んで貰えるのは凄く嬉しいし励みになる。 受け継いで行く、受け継がれて行くものは責任が有るし大事にしたい。

2012年8月24日 しっかし桃太郎は大人の階段上る最中。 交配がとても上手だけど、夜になるたび百獣の王みたくなって(朝から夕方までは運動以外寝てる)大騒ぎ。雄だから余り叱ってこじんまりさせてもいけないから声で叱る。喉が痛い。けど桃太郎と関わってると本当に楽しいしじんわりしてくる。

2012年8月24日 面白いな桃太郎。

2012年8月24日 もう桃太郎を超える犬は作れないと思っているのは変わらないけれど、桃太郎に近い犬を作出していく作業に何がしかの何かを見出さないと、桃太郎の次の世代の犬を残そうと言う気にならない。桃太郎の遺伝力が強いのは今回の作出で判ったけれど。だからどうなんだと言うところ。

2012年8月30日 昨日桃太郎の交配に来ていただいた雌。若い頃と顔の感じが変わってた。 ハマナに似てる(笑)

2012年9月7日 桃太郎の息子だけどむかつく

2012年9月7日 桃太郎とはつ恋の仔犬達、迷う。迷う迷う迷う。 毛色以外の出方で一番は、天狗。それだけは産まれた時から変わってないけれど、、、黒毛なのがネック。黒毛判んない。黒毛どうなるのか推測が出来ない。そこが桃太郎誕生の時とは違う。

2012年9月9日 桃太郎、デブデブに作るなよ。(伏字)みたいに作りなさい。 と金指光春先生に言われた。 わかりました。と言うか行かなければいけないところはそこだと、よく理解していますから(汗

2012年9月10日 桃太郎を超える犬は、やはり出来ない

2012年9月10日 意味が無くはないけど、産まれてみて冷静にみて、桃太郎が産まれた時の何とも説明出来ない興奮やらが、ない

2012年9月13日 昨夜金指光春先生と電話。うちの仔犬達は桃太郎を超えて居ないと言ったら、50%行けば良いんじゃないか、と言われた。先生のとこの桃太郎の仔犬胡麻雄も桃太郎の70%程度だと。 70ならまだ良いじゃんと思う。桃太郎は産まれた時から三億円でも売れないと思ってるけど、今回の仔犬にはそれがない

2012年9月17日 昨日は展覧会の帰りに野武士小屋金指真吉さんを連れて相州丹沢荘金指光春先生の所へ行き、桃太郎の仔犬達を一緒の観た。意見は同じ。不思議なものだ。やっぱ兄弟で、通って来た道が同じだからか?

2012年9月27日 日本犬を飼育し始めて今年で30年。節目の年にごっちゃんと桃太郎が家に居て本当に良かった。 金指光春先生の所で産まれてる桃太郎の仔犬達は、赤雌と胡麻雄を残すとの事。来年に、次世代に繋がって欲しい。 うちはまずは桃太郎で。

2012年9月30日 生き生きした顔の桃太郎 こんな日本犬はもう作れない

2012年10月8日 桃太郎と5年じっくり付き合って、それからごっちゃんや天狗(まだ歯は乳歯だけれど)に移行したかったんですけれど・・・ 差し尾とか胡麻毛とか黒毛とか一気に来ちゃって、手に負えなくなったらいやだなというのが正直なところ。。。

2012年10月10日 帰宅後、天狗とふれ合い。天狗の毛質毛量が桃太郎なのには驚愕_| ̄|○

2012年10月10日 桃太郎の向こうっ気の強さが頼もしくあるけど、姉が無になれるか心配。

2012年10月20日 明日は桃太郎が今季初出陳 何事も無く評価されたらいい

2012年11月5日 門田先生に桃太郎を見せたい

2012年11月5日 野武士小屋の金指真吉さんに桃太郎を見せたい

2012年11月7日 桃太郎とごっちゃんの顔が運動後に粉吹いたみたいに。朝靄の中連れ出したから細かい水分が。 髪の毛もびしょ濡れ。

2012年11月8日 最初っから言ってるけどね。 もう桃太郎より凄い柴犬は作れない。

2012年11月15日 誰かの心に伝わればいい。 何が、って? 桃太郎です!

2012年11月15日 今ほど自分が二人居たら良いのになと思う。 桃太郎とごっちゃんの審査時間が重なりそう。

2012年11月16日 桃太郎とごっちゃんはいつも通り変わらず可愛い。

2012年11月16日 ごっちゃんの好きなとこは、変わってるとこ=自分に似てる。 桃太郎の好きなとこは、全部。

2012年11月26日 仕事が終わって急いでカメラのキタムラに写真を受け取りに。 11月18日の全国展覧会で撮影して貰ったごっちゃんと桃太郎の写真。 11月18日の夜に野武士小屋・金指真吉さんから電話。『どうだった?』 ダメでしたと報告するととても寂しそうに、そうか、と言われ・・・・・・。

2012年11月26日 そのことがずっと気に掛かってたのと、昨夜は相州丹沢荘金指光春先生んとこに全国展で撮影したごっちゃんと桃太郎の写真を届けたので、野武士小屋にも見せなきゃと。

2012年11月26日 金指光春先生はいつもごっちゃんと桃太郎を観てるけれど、やはり桃太郎の写真を凄く気に入ってくれて、桃太郎は凄く褒めてくれた。桃太郎はね。 でね。 ごっちゃんのことは何気に悪口。ムカーっとしたけれど我慢して切り返した。

2012年11月26日 それで今夜は野武士小屋・金指真吉さんとこへごっちゃんと桃太郎の写真を持って行ったんですけれど。 まずはごっちゃんの写真を見せたらまるで兄弟で打ち合わせてたようにいきなりの悪口。多分このあとの反応も兄弟同じなんだろうな〜と桃太郎の写真を見せたら。

2012年11月26日 『凄いな』『将来は大臣賞だ』 褒められて嬉しかったけれど、ごっちゃんの悪口(に聞こえた)を言われたので喜びは半減・・・・・・。

2012年11月26日 野武士小屋に嫁いだ桃太郎の娘でうちに残した天狗の同胎・黒雌のマツコはどうですかと聞いたら『頑固』『毛が良い』『吠え声が良い』『展覧会には向いてない』『気に入っている』。歯はどうですかと聞いたら『大丈夫じゃないの』。 この言葉達が総てなんだろうな。今度は昼間に見に行ってみよう。

2012年12月25日 昨日朝に桃太郎が排便したあと初めて後ろ足でシャッシャとやった! 少しずつ大人になってる

2012年12月28日 Facebookに製作中の桃太郎アルバム観てニヤリ 今朝も定時に起こされ_| ̄|○

2012年12月30日 桃太郎のこと大好きだって(涙)頑張ります!と言ったら、頑張らなくていいって(汗) 桃太郎が持ってる凄い所を判ってくれてたのが超嬉しいんですけど!!ありがとうございます!!!!!!!!!!

2013年1月1日 桃太郎!

2013年1月3日 風邪のために全く体調悪い中、桃太郎の顔みてるとアガるね。

2013年1月3日 取り敢えずFacebookに桃太郎が産まれてから現在までの写真はアップロード出来た。今年も桃太郎の記録と記憶を。

2013年1月6日 眠る前に桃太郎の排尿。 させてもさせなくても毎朝同じ時間に起こされる。 それでも眠る前に桃太郎の顔を観たいがために寒空へ。

2013年1月14日 うちの桃太郎の仔犬がA氏から輸入されて来ると、外国からFacebookでメッセージ。良く聞いたら似た名前の犬らしい。違いますよ私はAを知らないし桃太郎はうちの犬で家に居ますと返した。A氏の牝犬に交配したかと言われたので、してませんと説明した。オー、 A氏に聞いてみます、と。

2013年1月14日 最初に、この柴犬知ってますかとメッセージが来た。 youtu.be/Nm1r45tdNwU あらまあ、 うちの桃太郎だよ。

2013年1月14日 夕方の犬達の運動でつま先から耳の先までキンキンに冷えた_| ̄|○ 明日アイスバーンになったら桃太郎の運動出来ないので必死。 同じ日々を過ごさせてやらないといけない時期だからなるべく変化の少ない状況で。

2013年2月3日 本当なら、もう少し速度落として吸収したい金指光春先生の知識。そう思っているのを光春先生はお見通しだった。桃太郎みたいな犬は一生に何頭飼育出来るかだなと言われ、もう桃太郎みたいな犬は一生飼育出来ないです先生、と答えた5時間後に。 桃太郎との時間は今しかない。

2013年2月12日 毬古と桃太郎の仔犬達生後15日。 胡麻の雄、顔と毛質体質が桃太郎。気質はごっちゃん。毬古はごっちゃんのお姉さん。

2013年2月14日 桃太郎の時と同じ感覚

2013年3月17日 行くぞ、桃太郎!

2013年3月17日 間違えた。 桃太郎についていきます(汗

2013年4月9日 桃太郎が日保本部賞貰ったから嬉し過ぎてなんも言えねえ件

黒毛の、鼻鏡と鼻梁の境い目の毛色のこと

天狗号-湘南美雅荘。父犬は赤毛の桃太郎号(湘南美雅荘)、母犬は赤毛のはつ恋号(湘南美雅荘)を例にとって。成長過程を写真に撮影してあるものを順に追ってみる。


-黒毛の、鼻鏡と鼻梁の境い目の毛色のこと-

この所の天狗の「鼻鏡と鼻梁の境い目の毛色」がまた変わったのに気付いたのは、人様の黒毛柴犬をFacebookで観て『あ〜っ!』て。

日保の先輩と話をした時も明確な回答で無かったような気がするし、先日の千葉で茨城の村野くんと黒毛のことで質問をしてみた時も明確な回答が無かったような気がするし、勿論、勉強の余地は広すぎる位に有る毛色。
毛色だけで物事を進めて行くのは危険をはらんで居ると思われるけれど(本質の話をすると、毛色の話だけでは到底足りてない結論になるから)他人様の犬では無く、うちの天狗の産まれてから現在までの画像で事実だけを見直してみようかと思う。天狗を残すと決めた時に金指光春先生が『天狗で黒毛を教える』と云われたな。先生早く帰って来て!



778724_466401120081606_1163597167_o.jpg

775618_466410686747316_1871841053_o.jpg

792335_466544120067306_5825176_o.jpg

792406_466544113400640_1942215967_o.jpg

775660_466767646711620_1558964417_o.jpg


天狗が産まれてからの成長過程写真。まだ沢山有るんだけど取り敢えず今日はここまで。

野武士小屋へ

今日は仕事の帰りに野武士小屋の金指真吉さんの家へ。
先週の千葉支部展覧会で撮影した桃太郎の写真を沢山持って行った。
展覧会終了後に電話で桃太郎の本部賞受賞を報告した時は凄く喜んでくれた。実際に展覧会会場ではどのような雰囲気だったのかを写真で観て欲しくて。

DSC_5999.jpg

前回の神奈川支部展覧会後にお伺いした時は足の具合が良く無いようだったけれども今日はバリバリ元気に歩かれていた。お怪我が治って良かった。安心した。

桃太郎の写真を観ての野武士小屋的感想はと言うと

『父親勝り』
『凄い奥目』
『頭が良さそう』
『ハンドラーが上手い』
『逃がさないように』
『交通事故に気をつけて』
『前胸が3週間前よりも出来て来た』
『大臣賞を獲る』

DSC_6048.jpg

40枚近くの写真を持って行った。
その写真を観ながら「有るべき日本犬の姿」の話しをしてくれた。

『柴犬らしさってなんだ?昔は小さ目の犬は小型、それより大きいのを中型にした』

『もし日本犬の眼が出目なら、猟に行って藪の中へ入った時に眼球を傷つける』

『本来は猟犬』

『かわいい柴犬は駄目だ』


金指光春先生は桃太郎が本部賞受賞したことを未だ知らない。


言葉に出来ない 4


DSC_5954.JPG



何も言えねえ!
Calendar
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71