ずぶぬれ

今朝も大雨だけど桃太郎たちはいつも通りの運動。少し大粒の雨だったので顔がびしょぬれになったけれど、ブルブルっと身体を振って犬舎へ戻る。人間はその後お風呂に入るからいいけど。

試しに桃太郎の剛毛を抜いてみた。やはり2日前に掲載した写真と同じような配色。

Facebookで外国の人から黒柴の毛を見せてと言われたので後で金指光春先生んとこで採取した剛毛の写真を掲載するつもり。

ごっちゃん、おめでとう!

今日はごっちゃん二十歳の誕生日(人間換算ね)。


雅の胡蝶号-湘南美雅荘 誕生の日から生後4ヶ月半まで


雅の胡蝶号-湘南美雅荘 生後5ヶ月から生後10ヶ月まで


雅の胡蝶号-湘南美雅荘 生後1年から生後1年11ヶ月まで


立派に成長したごっちゃん。

ごっちゃんが小さい頃、金指光春先生はごっちゃんの事を好きでは無かった。
けど、成長していくに従って徐々に認めてくれた(はず)。
ごっちゃんの兄弟姉妹の中では小さい頃から一番(良い意味で)クセが有ったごっちゃん。つい自分に重ねてしまう。そう言う意味でごっちゃんは僕に良く似てる。

展覧会の成績を書くといやらしい感じだけど、幼稚犬・幼犬・若1・若2と出陳した全ての出陳は大満足だった。棄権は全国展覧会だけ。あとは1度だけ入賞枠を外したけれども棄権せずに残った。

ごっちゃんに拘るのはやはりごっちゃんのご先祖様への思い入れと言うか。

初めて金指光春先生に『良く出来たな』と言われた自家作出犬・雅乃楓号(湘南美雅荘)。楓の事は本当に好きだった。


雅乃楓号-湘南美雅荘 誕生から最期まで

ごっちゃんの母犬・紅子号(野武士小屋)を茅ヶ崎の野武士小屋で発見した時に、自分の中で楓にシンクロして、絶対に手に入れたかった。
楓の血脈が流れる雅の力天号(湘南美雅荘)と交配して『絶対に作る』と。
作る、と言う意味は、勝手に自分の想像で創造するのでは無く『先達の方々が繋いで来たものを改めて焦げ臭くならないように抽出する』と言う意味。


金指光春先生がごっちゃんに対して冷たい態度だったのか、少しずつ暗雲が晴れるように、謎が解明されるように理解出来た。

金指光春先生と、金指真吉さんの、ルーツを少しだけ理解したから。

『兄貴のところへ行けばこの写真のカラー写真が有るよ』

ごっちゃんが生後1年を過ぎた頃に金指光春先生から犬の話をお聞きしている最中に出て来た犬の名前。その名は


一鵬号-赤石荘


いっぽう.jpg
一鵬号-赤石荘 日犬籍小型第17481号
父犬 コロ一号(早太郎荘)小4456
母犬 一姫号(東錦荘)小8451
昭和38年9月10日生まれ
この写真は野武士小屋荘主・金指真吉さんからのものです。

一鵬号とその先祖にまつわる話を野武士小屋で沢山聞いて、総てが繋がって理解(少なくともこの血脈に関して)した。



1.jpg
ごっちゃんの表毛。生後1年位に採取。

2.jpg
雪の日のごっちゃん。生後8ヶ月時に撮影。

どれだけ永く

1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
生後45日時に撮影した桃太郎号-湘南美雅荘。

桃太郎は小さい頃からずっと変わってない。
本質は変わらない。

桃太郎が加齢する毎、桃太郎の良さに気付いてくれる人も有れば、逆に目の敵にする人も居る。
桃太郎が若犬になる頃、金指光春先生に言われた。

『桃太郎にケチつける奴が登場するぞ』。

確かに。

292491_389847084403677_886025647_n.jpg

これは1年前に採取した桃太郎の剛毛。
5月に綿毛が抜けたけれど、たった今剛毛を抜いてもこんな感じ。

本質は変わらない。

きれどころ

『雅志はかれいしゅう』

あ?雅志?

何呼び捨てにしてんの。僕を呼び捨てにして良いのは桃太郎だけ。せめて"雅志さん"とか"武田さん"、だろ。
口先だけで日本の文化を理解したつもりでも、一番肝心なところがなってない。
無理に台湾へ古鉄を送らなくても良いんだから。キレ所が違っても関係無い。


法務局の印紙売り場のおばさん。そんなに早口で喋ってもわからんだろ。相手は『ここに来るの初めてなんです、家と土地の謄本を取りたいんですが』って言ってんのに。お年寄りにはゆっくり喋らなきゃ駄目なの知らないんだろな。隣でやり取り聞いてたんだけどキレそうになったけど自分の順番になったので『1400円分』とおばちゃんに言ったら『あ?』みたく言うので

『1400円!』

と大声で怒鳴ったらすぐに1400円分の印紙を出した。ここは印紙売り場なんだからよ、ほかのもん買いに来てんじゃねえんだからよと言おうかと思ったけどまだ溜めておくことにした(不動産の人なら判ると思うけど印紙売り場では必要な金額を言うのが慣例。ソレ以外は殆ど話す必要は無い位にシステマチックなので)次は許さないよ。いちど強く言ったんだけどな。

ニッポン放送で洋楽のベスト20が放送されてて、絶対にシンディローパーベスト10内に入ってるからと会社の人達に言ってたのに、タイムアフタータイムが聴けるからねえと言ってたのに、第8位を過ぎてもナシ。番組のTwitterアカウントにその旨つぶやいたら番組のアカウントから『確かに!』とRetweetが来た。でトイレに行くため席を立ち、トイレから席に戻るとなんとなんとなんとニッポン放送でタイムアフタータイムが流れた!
ベスト20には入らなかったけど粋な計らいに大興奮した。ニッポン放送最高!


桃太郎は今日も雨の中、普通通りの運動。

え?タオルで?

拭かないし。

犬舎に入る前にひと振りするだけで元通りの毛になっちゃうから。

桃太郎はヤワな犬じゃない。

え?足回り?

全然奇麗だし。

来月は桃太郎が二十歳になる(人間換算ね)から何かプレゼントをと思って犬舎を鉄骨で造って貰おうかとかショップで販売されてるようなのを用意してあげようかと思考するも、湘南美雅荘は貧乏なので。せめて桃太郎に悲しい思いをさせないようなプレゼントをするつもり。気持ちのこもったものを。

ミミ&メアリー

見間違い。

『秋田犬だと思ったら、柴犬だった。』


『ワニだと思ったら、柴犬だった。』


『バンビだと思ったら、柴犬だった。』


桃太郎の息子達

今日は桃太郎の息子達を撮影した。まずはこいつ。


DSC_8027.jpg
古鉄号-湘南美雅荘

DSC_8022.jpg
古鉄の横顔

台湾に行くまでちゃんとしなければいけないので非常に気を遣う。

DSC_8090.jpg
谺号-湘南美雅荘

横浜の芦川さんがハマを連れて来たので撮影。

DSC_8181.jpg
浜太郎号-横浜芦川荘 
お母さんは雅乃楓号(湘南武田荘)。亡き父最後の作出犬。

今日はもう一つやることが。

展覧会が終わって本部賞を2回貰ったことを報告していなかったのと父の日と誕生日を纏めて墓前に報告。秋季も応援お願いして来た。

何気に慌ただしい一日だった。

終わりなき旅



今日は神奈川支部の根岸さんとこに金太郎号-野武士小屋の直娘を観に行った。


DSC_7893.jpg
小梅の千春号-湘南小梅荘。母犬は峠ノ紅法師号(相州丹沢荘)の直娘。

そのつもりも無いのに根岸さん『持って帰る?』って。大事にしてるの知ってますよ。



21MM8P22DFL._SL500_AA300_.jpg

B’zのベスト盤と華原朋美のCDをアマゾンで注文したついでに購入した。百恵ちゃんの「蒼い時」。3割位読んだけど、これ書いたらもうカムバックする気が全然ないの理解出来る。潔い。

飽く無き探究心を以ってする


123.jpg

桃太郎号-湘南美雅荘 生後8ヶ月時


DSC_4942.jpg

桃太郎号-湘南美雅荘 生後1年9ヶ月時


これが答えです。

7月7日で桃太郎は二十歳(人間換算ね)になる。
これからも完成に向けて、凄いものを見せてくれる。


天狗の眼の上の定斑の色が、茶色が濃い目で全部茶色だったのに、眼球に近い部分の定斑の茶が薄くなって来た。これは時期的なものなのか、はたまた完成に向かっているのか。それと口吻の黒マスクが薄くなって来た。真上から見ると良く判る。

保存


DSC_1895.jpg

やまびこ横山貞夫さん所有の四国犬雌。現役の猟犬。


DSC_7801.jpg

上記四国犬雌の仔犬時代。写真は横山貞夫さん提供。


だって、保存でしょ?


って言う横山さんの奥さんの声が聞こえる。



DSC_7806.jpg

柴犬 中興の祖達。小型研究会に於いて撮影。親・子・孫の3代。
右より紅子号-赤石荘 837号、中号-赤石荘 1216号、中市号-赤石荘 1431号。
写真はやまびこ横山貞夫さんより頂戴しました。
アカ二号(桟山荘)と紅子号(赤石荘)を配して出来た中号(赤石荘)と、紅子号(赤石荘)を配して出来た中市号(赤石荘)。
石号とコロ号からはじまってこの犬達に繋がり、それでもこの3頭が居なければ今は無い。

黒旋風号

柴犬のこともロクに知らないのに、四国犬、しかも本川の話を書くのは気が引けるけれど、金指光春先生はじめ先達の方々から口伝されたことを忘れないうちに余り時間を置かないで書く。口伝はここに書いたことだけじゃないのはご了承。じぇじぇじぇ。



DSC_7793.jpg
黒旋風号。陸奥号直子。
故・松本克郎先生は古い愛犬の友(誠文堂新光社刊)の記事中で黒旋風号の写真に、

『現存本川系牡の体型。四肢参照』

と書かれている。さらに

『本川系の共通している点は趾が小さい。そう理由は急峻すぎるような山、花崗岩の峨々たる岩角を自在に馳駆する。しかも急激に回転し方向転換もしなければならない。こうなると距部が大きいことは活動上かえって不便になるのかもしれない』

とあります。

『本川系。』

ここに紹介する写真は全て、神奈川支部の重鎮・犬舎号やまびこの横山貞夫さんご夫妻から拝借いたしたものです。

黒旋風号の写真、アウトテイクを一枚ご紹介致します。

DSC_7794.jpg
黒旋風号

黒旋風号の写真は横山さんのお師匠さん、石渡さんが撮影したものです。

DSC_7797.jpg
石渡さんと四国犬

こうやって僕が黒旋風号と石渡さんの写真を平成の時代に紹介していることに、石渡さんと黒旋風号は驚かれているかも知れないね。でも、過去が有って今が有る事を想うと、これは絶対に誰かが伝えて行かなきゃいけないこと。保存だから。いやマジで。



次に紹介するのは四国犬の親子です。

DSC_7795.jpg
親。

DSC_7796.jpg
子。

たてがみが有ります。




たてがみ、有ります?
Calendar
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71