夏休み

明日から夏休み。
色々用事が有る中、個人活動もしてみようかと計画。



今日は金指光春先生宅へ。
桃太郎と天狗と谺の写真を持って行った。
実物も観て貰いたい。特に谺。

夕方、谺の運動に。
2回目かな。初回の時は乳歯を僕が抜いてた直後だったのでおもくそ敬遠してた感じだったけど、今日はもうそれを忘れてしまったかのように凄い推進力で動く。
状態は年齢なりに。順調に。

それを言っちゃあお仕舞いよ

田代さんから頂いた子猫サブレを食べながら古い書物を読み耽っている訳ですが。


gtn.jpg
今朝のごっちゃん。

ごっちゃんが運動したくない振りをする理由が判った。
陰部からベロンベロンが出てる時にそれが気になって止まるけれど自分で取るつう事をしない。それではどうするかと言うと、僕が指でそれを取り除く。それをその辺りの壁とかになぶりつけるんだけどね。此の程度なら自分でやればいいのにねごっちゃん。

その昔、昭和59年。
当時飼育していた柴犬雌を初めて交配した後、ごっちゃんみたくベロンベロンが出てたことが有って、日保に電話して聞いた事が有る。その時電話に出られた方に丁寧に教えて貰った。



それを言っちゃあお仕舞いよ。



御大からとんでもないことを言われて余りに悲しくて、昨夜は枕で涙を濡らしてしまいました。悲し過ぎてこのまま死んでしまうんじゃないかと思った。本心で無いことを望みたいけど本心なんだろうね。御大、それを言っちゃあお仕舞いよ。

王様は裸じゃないか



裸の王様 THE BLUE HEARTS

詞:真島昌利

どうでもいい事 たくさんかかえて
くだらない事で ビビることはない
見えなくなるより 笑われていたい
言えなくなるより 怒られていたい

※今夜 僕は叫んでやる
王様は裸じゃないか
今夜 僕は叫んでやる
王様は裸じゃないか
王様は裸じゃないか※

(※くり返し)

裸の王様 何が見えますか?
裸の王様 何を学んだの?
裸の王様 今夜 サヨウナラ



374409_546523828736001_573863682_n.jpg
桃太郎号-湘南美雅荘の毛

今日は何故か微妙に寝坊。寝苦しかったからかね。

急に気温が上がっちゃうと犬達も焦っちゃうんだろな。水を飲む量もハンパ無い。いつも新鮮な水を好きなだけ飲めるように気をつける。自分に当てはめてみるとわかること。ネットで書いちゃうとどんだけの人が不安になるのか判らないんだろね。みんながそーやってる訳じゃない。そーゆーとこデリカシーないよね。もうみんな気付いてるんでしょ。言っちゃいなよ僕みたく。


お水は好きなだけ飲みなさい。


僕は大体一日に2リットル以上はお茶またはお水を飲む。何故かって言うとその昔藤原紀香が

『1日にお水を2リットル飲みます』

って言ってたから。別に紀香になりたい訳じゃないわよ。でも真似しないでね。人それぞれだからね。

お風呂に入っている最中、ふと思い立ったことが有ったので風呂から上がってすぐに御大(名前は絶対に聞かないで)にメールをした。折り返しお電話を頂いて犬の話をした。
所謂犬の偉い人と話すのはただでさえ集中力を使うために汗だくになっちゃうのに風呂上がりでしかもPHSの電波が悪いのでバスタオル一枚で電波の繋がり易い屋外に出て話す。お隣さんに観られちゃった感じ。明日言われるかも。

御大と話をしていて(緊張するんだこれがまた)、自分で沢山の犬達の毛を採取したり、見せて貰ってて良かったと思った。
でも御大の言うことは一部分、僕が観て確認してきたのと違ったけどね。

『三段被毛は、色の濃淡と無関係に三段被毛。』



金指光春先生と話をしていて、ちょっとそれは押しが強すぎるんじゃないのって思うことが多々有る。でも、本当はそこまで突き詰めて物事を判断して作出していかないといけないんだって最近、ふとした時に気付いた。例えば、、、と書き残そうかと思ったけれど、この僕の解釈が正しいのかどうかはまだ金指光春先生に質問して居ないので、判ってくれる人にだけ判るニュアンスで書き残す。


そうかも知れないけれど、結果そうなっちゃう(理想的では無い方向に向かう)ことが有るかも知れないけれど、それでもやってみる。やってみた結果、その中から質的に狂いの無い、高度なものを輩出していく。100やって1だけしか結果が出なくても、その1を輩出するためにやらなければいけない。

順調


kdm1.jpg
kdm.jpg
谺号-湘南美雅荘

桃太郎と毬古の子供。
秋季は若1組。今のところは順調に育っている。最初から何ひとつ変わらない。
姉が連れ回すようになり歩様が更にパワーアップ。両親に良く似た、無駄の無い推進力。

ごっちゃん

ごっちゃんとりっちゃんは抱き上げるとかわいい。お母さんの紅子と同じくグニャンと脱力する。が、りっちゃんは顔を近付けると甘えて舐めて来るけどごっちゃんは本気咬みしてくる。気性は一番最初に飼育したダンディに似てる。共通点は、片方の親が野武士小屋作出犬(笑)

   - 平成23年8月13日のツイートより - 



今日は仕事の帰りに金指光春先生宅へ。今日行く事は先週お伺いした時に約束していた用が有ったのと、ごっちゃん生後1年から2年の映像とりょく誕生から4年の映像と、桃太郎が産まれてから現在までの 『 眼 』 を収録したDVDを先生に観て貰うために。
先週約束したことは、僕の誤診が嬉しい誤診に。まずは良かった!

金指光春先生が所有している桃太郎の息子・峠ノ熊号-相州丹沢荘を観る。桃太郎に良く似ている部分と、母犬に良く似ている部分が有る。母犬もまた桃太郎と同じ血脈を持つ。臆するところの無い父犬と母犬に良く似た熊。

桃太郎と交配して受胎したごっちゃんの事を金指光春先生はとても喜んでくれている。
ごっちゃんを見抜けなかった事を金指光春先生的には非常にがっかりなことだったそう。
なんで僕がごっちゃんを残すと決めたのか、あの時は判らなかったって言われたので、

『アタシを残さないでどの仔を残すって云うの?』ってごっちゃんが言ってたからですと金指光春先生に説明したら軽くスルーされ。
『先達の方々に色々な犬達を見せて貰える機会が有ったから、ごっちゃんを選べたんです』と。

金指光春先生はごっちゃんの体質と毛を特に気に入っておられる様子。どんな仔が産まれるのか楽しみだそう。僕も楽しみです。今度はちょっと優しい赤毛の女の子がいい。

雨が降り出して来たので早々に金指光春先生宅を後にする。『DVDには何が入っている?』と聞かれて『すごくHなのが入ってます』と答える。ニヤリとしてた。

ごっちゃんが産まれた日から今までのつぶやき抜粋 

2011年6月13日 べにこ出産始まり! まずは一頭!

2011年6月15日 もしかして "胡麻毛"?

2011年7月22日 今朝のごっちゃん。何故かブス顔

2011年7月28日 オスのりっちゃんと胡麻メスのごっちゃんは残す事に決めた。実は産まれたその瞬間に決めてたけど。そこで少し問題が。

2011年7月28日 最初、ランと言う名前を貰ったものの、うちに残さないのでランは止めて急遽シノブにした。どうしても胡麻メスのごっちゃんを残す事に自分が決めてたので反旗を翻す形に。でもお互いにそんな事では何も変わらないような関係になれたのは多分僕が歳を取ったからだと思う。シノブは何処の子になるんだろ

2011年7月28日 シノブも確かに、過去にうちで作出した紅法師の娘にそっくり。だけど、ごっちゃんはもっと違う風に見える。先週日曜日に金指光春先生がハワイのお土産を持って来てくれたのでまた仔犬達を見せるも、選んだのはシノブ。出来たらシノブも遠くでは無く近場においておきたいけど、どうなるか。

2011年7月28日 久しぶりに呟いたなあ。。ごっちゃんとりっちゃんは産まれて取り上げた時の毛の具合が他の二頭と全然違った。 某先輩は、歳を取れば段々良い方向に変わると言う。それもわかる。でも最初からとびきりナイスな毛質を持った犬を見逃したく無い。着物は目に付く。クセと渋さは違うと金指光春先生が言う。

2011年7月28日 それもよく分かる。でも、美味しいマグロにも少しはワサビ付けて食べたくなる。 胡麻毛だから選んだのではないですと金指光春先生に少し刃向かわせて貰うも、納得ならず。某先輩も、なーんで胡麻なんだよ、ランだろと言う。でも胡麻のごっちゃんを選んだ。助言は本当に感謝するし有難い。好環境の自分

2011年7月28日 野武士小屋の荘主にも観て貰った。迷わず胡麻のごっちゃんを選んだ。楽しむならこの犬だ、と。そう、楽しみたいじゃない。

2011年8月13日 ごっちゃんとりっちゃんは抱き上げるとかわいい。お母さんの紅子と同じくグニャンと脱力する。が、りっちゃんは顔を近付けると甘えて舐めて来るけどごっちゃんは本気咬みしてくる。気性は一番最初に飼育したダンディに似てる。共通点は、片方の親が野武士小屋作出犬(笑)

2011年8月20日 ごっちゃんとりっちゃん排便に外へ出したら雨が降り始めた~

2011年8月23日 ごっちゃんとりっちゃん排便終了〜 そろそろ寝るか

2011年8月24日 やっぱここにツイート。 金指光春先生が胡麻の写真を持って来た意味を解析してみるも難しい。前回来た時には、胡麻毛のことどちらかと言うとあっちに放り投げた感じで、ごっちゃんの事も最後には 褒めて欲しいのか! と言われたし胡麻毛だから残したのではないからと反論するも軽くあしらわれ。

2011年8月24日 じゃ先生、ごっちゃんダメですかと直球で聞いたら ダメなんてまだこの時期じゃ言えないなー と。作出者にしかわからないことが有るだろうからなー と。帰られる寸前までしつこく聞くも まさし君まだわかってないなー見方が と、、、

2011年8月28日 ごっちゃんとりっちゃんの排便させてみとじいさんとひいらぎばあさんの世話して野武士小屋へGO! カメラ念の為用意してみた

2011年8月28日 ごっちゃん生後二ヶ月半。

2011年9月3日 ごっちゃんの名付け親から戴いた万能のタレで漬けた茄子!

2011年9月8日 今夜は神奈川支部展覧会の集計。何頭集まったんだろ。楽しみだ~。仕事終えて帰宅したら平塚までお手伝い。 写真はごっちゃん

2011年9月22日 ごっちゃんりっちゃん桃太郎を順番に眠る前の排便に出した。外は落ち葉だらけ!

2011年9月22日 日曜日の神奈川支部展覧会にてごっちゃんは大人気だった(笑) 桃太郎。ある先輩が最近の柴犬で気付いて居ると言ってた部分と、ほぼ同じ部分が気になるようで、どう言う風になるのか成長過程を見てみたいと言われた。あんたらが選んだんだから何かあるんじゃろ?って。 あると思います!!

2011年9月24日 ごっちゃんと旅に出るか。

2011年9月29日 涼しくなった~ ごっちゃん桃太郎寝る前のおしっこ終わり

2011年10月12日 ごっちゃんとぶぶ太郎が毎朝早起き。もう少し寝かせてくれたらいい子達なのに、、、

2011年10月14日 今朝も同じく時間に起きたごっちゃんとぶぶ太郎

2011年10月21日 ごっちゃんとぶぶ、今朝は4時。 こんな作業積み重ねたら、人間の育児に換算するとどんだけになるんだろ。

2011年10月26日 桃太郎とごっちゃん起床!

2011年10月27日 ごっちゃんと桃太郎起床! 早いつうの。

2011年10月28日 ごっちゃんと桃太郎起床!

2011年10月28日 飼い主と同じで見た目が怖いごっちゃんに、可愛く見える引き綱を買ってあげた。日曜日はコレで勝負!

2011年10月29日 ごっちゃんと桃太郎起床。早いつうの_| ̄|○

2011年11月1日 桃太郎とごっちゃん排便!早いな~

2011年11月8日 曇り空桃太郎とごっちゃん起床排便に。いつも元気だ

2011年11月10日 日の出は6時11分。桃太郎とごっちゃん排便終了。

2011年11月22日 桃太郎とごっちゃん排便おわり。若干早め? 寒いからかな

2011年12月2日 桃太郎とごっちゃん起きたか? よし、起きるぞ!

2011年12月13日 夕べは桃太郎とごっちゃん眠る前に騒がず。今朝もまだ排便に鳴かず。この調子でも少したのむ!

2011年12月15日 桃太郎とごっちゃん今日は起きないなーと思ったらやっぱり鳴いた6時半。偉いよねちゃんとトイレ教えるから(´Д` )

2011年12月20日 日曜日に東京ビッグサイトで開催されたFCI東京インター2011にて。ごっちゃんと俺様。

2011年12月21日 早朝の桃太郎とごっちゃんの排便が最近は遅目になったので少し楽が出来るなあなんて思ってたら、三豊錦が微妙に認知症が進み。オシッコの回数が増えたので寝る前の仕事が増えた。でも苦じゃない。家に居るなら最後まで、何歳になっても、の精神。だって凄いんだから。現在15歳と7ヶ月!

2011年12月25日 田舎っつっても湘南藤沢。 桃太郎とごっちゃん寝る前の排尿排便おわり。今朝みたく遅くまで我慢出来たらな~。 生きものを扱うのは物凄く自分の時間が消えてくんだよね。好きだからやってるんだけど。 小さい頃の写真見たりすると今の姿がとても頼もしくてジワ~んとする。

2011年12月27日 桃太郎とごっちゃん眠る前のトイレ終わり。かわいいな~2人とも!

2012年1月4日 桃太郎とごっちゃん排尿排便終了。待ってるんだよな~偉い!

2012年1月4日 ゴッチャン可愛いねは正解。言われなくても可愛いし(笑) 五年後のゴッチャン楽しみねは展覧会的には不正解。三年後に結果は出るし(笑)その先は庭でゆっくり眺めながらごっちゃんと茶でも飲みながら暮らすし_| ̄|○ ゴッチャンの子供も楽しみねは正解。

2012年1月4日 ゴッチャンは平仮名表記のごっちゃん若しくはGOTCHANが正解

2012年1月9日 これから金指光春先生が桃太郎とごっちゃんを鑑定しに湘南美雅荘へ。

2012年1月12日 寒いっ! 桃太郎とごっちゃん珍しく早目にトイレ

2012年1月17日 うー寒い_| ̄|○ 桃太郎とごっちゃんも寒かったらしくトイレ(`_´)ゞ

2012年1月23日 桃太郎とごっちゃん早朝トイレ終了。ハマナママと赤ちゃんたちも異常なし。

2012年2月6日 ごっちゃんGroup 1st 獲得!!!!!是非ご覧下さい!!!!! FCI KANAGAWA INTERNATIONAL DOG SHOW 2012 youtu.be/z2HTluYx_-s

2012年2月8日 今日の早朝は桃太郎とごっちゃんがトイレ我慢してくれたので超爆睡出来た

2012年2月8日 ごっちゃんは産まれた時から頭の中身が変わってた。ごっちゃんの他の兄弟姉妹達はみんな、父犬か母犬に頭の中身が似てるけど、一体ごっちゃんは誰に似てるんだろうの疑問が。 日曜日に気がついた。 ごっちゃんは僕に似てる事が判明。

2012年2月11日 桃太郎とごっちゃん朝のトイレ終了~ 段々減ってるね回数。あと少し。

2012年2月14日 『70・・・65点だな。』 昨夜、金指光春先生から電話を貰った。で、ごっちゃんを評価。70って最初に言ったじゃないですか!と言うも『まだまだ』と軽くあしらわれ。

2012年2月19日 ごっちゃんと桃太郎で今年を迎える事が出来たのは非常に嬉しい。 もう30年だ。 まだ30年だ。

2012年2月26日 今日は金指光春先生がハマナの仔犬達と桃太郎とごっちゃんの成長具合を確認しに来た。ごっちゃんの点数が前回初評価65点→今回評価67点。2点アップした。えー70点じゃないんですかーと聞いたら『下がってないんだからいいだろ?』って。

2012年2月26日 帰り際に一言残して消えた金指光春先生。 次週の三多摩支部展覧会は何が楽しみにかと言うと、ごっちゃんだ。 おー、ごっちゃんの評価徐々に上がって来たか~?

2012年3月1日 娘ごっちゃんに新しい引き綱を用意。

2012年3月3日 明日はごっちゃんの名付け母、応援に来てくれるかなぁ

2012年3月4日 先週来た時はごっちゃんの点数2点アップで67点だと言った金指光春先生。 今日は展覧会場につくなり3点アップで70点だと評価。

2012年3月5日 まりことごっちゃんが一席を頂く事が出来て金指光春先生は喜んでくれた。昨夜は野武士小屋にも報告の電話した。凄く喜んでくれた。浜名晴山荘にはまだ報告出来ない週末の地元神奈川で結果を残したいな。会場は平塚。お時間のある方は桃太郎の応援に!

2012年3月17日 昨日、長野のMさんから電話が来た。コリキと紅子の組み合わせ仔犬を希望されたよう。嬉しいし有り難い話。桃太郎達うちの犬は懐かしい犬だと言ってくれたのが何より励みになる。先達の方に褒められるのは素直に嬉しい。そ言えば、金指光春先生が昨夜は暴露。私も認めなければいけないことが つづく

2012年3月17日 あるな。間違いは間違いと素直に認めないといけない。正直、ごっちゃんは私は小さい時は良く見えなかったが、飼い主(僕ね)が良いって言ってもね、私が餌をくれる訳じゃないからどうぞご自由にって。でも、それが間違いだったと詫びないとな。。。先生にはまだ今言われるよりもごっちゃんが つづく

2012年3月17日 もっと歳を重ねたら言って下さいよ~と、ごっちゃんを金指光春先生に認められて照れ臭くなってしまい、言った。 胡麻毛だから、特に厳しく観ててくれたんだろうなと思うし、自分には歯が決まればごっちゃんはこうなると、説明しようのない確たるものが有った。多分それは、多分だけど経験。 つづく

2012年3月17日 湘南美雅荘や桃太郎の仔からは桃太郎以上の犬はもう出来ないと思いますが先生もそう思いませんかと聞いたら、生意気な事言いやがるなー、でも私はまだまだ犬に対する欲が有る、桃太郎と毬古とごっちゃんを足したような犬が欲しいな、ジャンケンのグーチョキパーだ。どれも持ってる犬をな。 つづく

2012年3月17日 違うと思う。 桃太郎はグーチョキパーの総てを備えている。今はまだ八ヶ月だからスクラッチを強くこすらないと出て来ない部分がたくさん有るけど。成長して死ぬまで、凄いものを見る事が出来る、見せてくれる犬だと確信している。桜の散り際も綺麗なように。 このツイートが二年半後に見直した時に

2012年3月17日 恥ずかしいことになる余地が見当たらない。

2012年3月24日 金指光春先生から電話。明日は何処かの展覧会に行くのかと聞かれ答えた。 胡麻毛の話になり、あーちょうどFBで話題になってるなと、いつもより真剣に胡麻毛の話を聞く。 受話器を持ちながら竜治郎号の話になり、ごっちゃんの話になり、いきなり先制先制パンチを。「胡麻毛に名犬は居ないんだぞ」

2012年3月24日 ほーら悩むだろウヒヒヒヒィ〜みたいな感じで混乱させられた次の瞬間、一号(戸隠荘)は胡麻毛だったんだぞ〜と!!全国展にも出陳してるんだぞ〜と!! 受話器握りしめながらiPhoneで自分とこのHPを開いて一号の生年月日を調べて、古い会誌のところへ行き、ページを捲りながら通話。

2012年3月24日 ああああっ、有った!! でも特良1席。 日本犬保存会の展覧会では、昔は優良評価は殆ど無く、特良評価のが多かった。 古い会誌に写真が掲載されてたのを話すと、胡麻か?と聞かれ違いますと答えた。まだ若1の時の写真なのと白黒なのとお天気と光の関係で普通の赤毛にしか見えない。

2012年3月24日 所有者の坂口さんがな、山梨支部の展覧会で本部賞受賞してるはずなんだよな〜と言い出し。その個評にはハッキリ「赤胡麻」って書いてあるらしく。 ふーーー、、 また探さないと。

2012年3月25日 本日開催された日保山梨支部展覧会にてごっちゃんが若犬賞受賞〜! 雅の胡蝶号-湘南美雅荘 父犬 雅の力天号(湘南美雅荘) 母犬 紅子号(野武士小屋) ごっちゃんかわうぃ〜!!

2012年3月25日 今日は展覧会に行く予定では無かったけど、前日になってやっぱ行こうと決定。金指光春先生には山梨行って来ますの報告。見せびらかして来ますと軽口叩いて受話器をおいた。 結果は五席若犬賞受賞。 審査員に一応念の為聞いて見た。それを成績と共に金指光春先生に報告。 つづく

2012年3月25日 それは違うだろと、たちまち不機嫌になってしまった。 色々と言葉を補って見るも、不機嫌がおさまらず。一度電話を切った。 夜に再び電話を貰った。不機嫌が治らず。胡麻は簡単には褒めないのは先生なりに理由が有るのと、僕に対してはちゃんと評価したいから成長過程をみて評価に値する犬に

2012年3月25日 なってきたから、評価してるんだ、と。単純に褒めれば雅志君は喜ぶかも知れないけれどそれをして来なかったのは、成長過程をみて、クリアしなければいけない最重要事項を確認して来たからだ、と。正直、ごっちゃんがこう言う風に成長するとは思えなかったけど、それを見越したのは評価に値する

2012年3月25日 と、ありがたい言葉を言われたので、今の先生の言葉は一番嬉しいけど、簡単には認めてくれなかったのは自分自身とてもバネになったし、一番犬作りを認めて欲しい方に認められて居るからホントに嬉しいですと話した。今日の展覧会場で褒めてくれた方にも言ったのですが、ごっちゃんはずっと手元に置くし

2012年3月25日 一番を貰うのだけではなく、どちらかと言うと、こんな犬を作れますか的な自慢が強いので、今日はそう言った意味ではとても良い一日でしたからと説明した。 ひょんなキッカケでスゲー褒めて貰えたので更に嬉しい一日だった。 明日、柴犬の飼育を辞める訳ではないしね。また見せびらかしに行けるよう

2012年3月25日 これからも頑張ろうと誓った。漠然とね。 さてとまた次週から気持ちを切り替えて展覧会場へ。見せびらかすゾ! つうか金指光春先生、ごっちゃんのこと気に入ってるならそうと早目に言えば良かったのにな~(笑)

2012年3月26日 昨日の山梨支部展覧会でとても味わい深い赤雌を発見。年配の方がハンドリングしているその犬の成績は下位だったけれど、お金を出してでも欲しいと思った。でも売らないだろな。首に轍が着いてたし、年配の方にとてもなついてたし。写真でしか観た事が無い、昔の犬に似てた。あの雌犬なら作れる。

2012年4月4日 ごっちゃんは今週末が今季最後の展覧会になる。 見せびらかすなら綺麗な胡麻毛じゃないとね。 待ってろよ東京!

2012年5月7日 今季ごっちゃん(雅の胡蝶号)が頑張ったら買おうと決めてたので買った

6月20日 朝から姉に試された。 一枚の写真を見せられた。誰か判るか?と。 三秒考えて『多決丸』と答える。 同じ胡麻柴で、うちで産ませたごっちゃんとリュウに似てる。けど違うんだよねえ。 間違える訳が無い。大事な犬達だから。

6月21日 朝から台湾の子とLINE。まりこがwinnerだと彼は言う。 違うと説明。まりこ≪ごっちゃん≪べにこ、だと。 べにこはsecret dogだから違うと反論してきた。そう言う問題じゃなく本質の高さの問題だと説明。がしかし紅子is secret dogだと一歩も引かない。まだまだだな

6月28日 ごっちゃんは女の子だからか判らないけど早々に落ち着いて来てる。相変わらずおにいさんLOVEなのは変わらないけど。 桃太郎はまだまだ子供。色んな事柄に興味が有るみたい。最近はバイクとサッカーと野球に興味が有るらしく。 どんな子が産まれるんだろ。

6月30日 金指光春先生、ごっちゃんのこと「好み」なんだって(笑)昨日の昼間、姉に電話で言ってたらしく。夜に金指光春先生の家に行った時姉がいきなり暴露。もう笑うしかないねDJミッツ(笑

7月18日 ごっちゃんは換毛が大分進んでる。黒毛の剛毛だけが目立って汚い感じに見える。でも可愛い。 食餌の調整をしているのだけれどちょっとぽっちゃりさん。同じ時期、前胎のまりこもぽっちゃりだったので気にしては居ないけれど運動方法は展覧会出陳時から変えず。 来年の春に再びみせびらかしたいな。

8月6日 昨夜はごっちゃんと桃太郎お休み前のトイレしなくても今朝平気だった。

8月24日 ごっちゃん 公益社団法人日本犬保存会平成24年春季山梨支部展覧会で五席若犬賞受賞時の個評

8月24日 ごっちゃん 公益社団法人日本犬保存会平成24年春季群馬支部展覧会で二席若犬賞受賞時の個評

8月24日 ごっちゃん 公益社団法人日本犬保存会平成24年春季三多摩支部展覧会で一席若犬賞受賞時の個評

8月24日 野武士小屋から電話。日保の会誌を観ての感想。 まりこが一番いいな〜って。 桃太郎とまりこの個評も読んだとの事。ごっちゃんのは読んでくれたのかな。 血脈の関係者に喜んで貰えるのは凄く嬉しいし励みになる。 受け継いで行く、受け継がれて行くものは責任が有るし大事にしたい。

9月19日 大桟橋なう 駐車No.5 ごっちゃんの5

9月22日 会場でごっちゃんと自分の波長がピッタリだったら出陳しよっと。

9月27日 金指光春先生から電話。 三多摩のごっちゃんは志乃を思い出したよ、と。 光春先生の中でごっちゃんのポイントまたUPしたみたい。 でもごっちゃんは一代一主なので難しいんですと話したら、体高計る練習しなさい、と。歳を取れば落ち着くんじゃないか、と。 一代一主だから、それでいいんです!

9月27日 まあ、そうだよな。あれだよあれ。名犬飼い辛し。 そうです光春先生、そーゆーとこも含めてごっちゃん好きなんです、と。 小さい頃からごっちゃんだけ癇癪持ちなとこが有ったけど、その気質はとても懐かしい。昔はそんな犬が沢山居た。 今みたく人形みたいな日本犬は少なかった。

9月27日 日本犬を飼育し始めて今年で30年。節目の年にごっちゃんと桃太郎が家に居て本当に良かった。 金指光春先生の所で産まれてる桃太郎の仔犬達は、赤雌と胡麻雄を残すとの事。来年に、次世代に繋がって欲しい。 うちはまずは桃太郎で。

10月4日 一代一主だから、って言い訳(とは思ってないんだけど)を言いたくないので、したくないけど練習。 それってどうなのよ、と思うけれども、ごっちゃんに関しては自己満足だけじゃなくて、喜んでくれるならやりましょう。

10月8日 桃太郎と5年じっくり付き合って、それからごっちゃんや天狗(まだ歯は乳歯だけれど)に移行したかったんですけれど・・・ 差し尾とか胡麻毛とか黒毛とか一気に来ちゃって、手に負えなくなったらいやだなというのが正直なところ。。。

10月14日 今日はやり切った! 言い訳をしたくない、させないでと思いながらの二週間だった(°_°) ごっちゃんも自分も良くやった! つう事で全部出し尽くした一日が終ろうとしている。

10月19日 金指光春先生から姉に電話。 ごっちゃんを仔犬の頃に選ばなかった事は永年犬飼いやってて一番の間違いだった、って。 先生の兄、野武士小屋にもごっちゃん見せたらフーン残すの?みたいな感じでしたよと姉がフォローしたら、そうだろお?と。 僕はフォローしませんからね(°_°)

11月5日 周栄荘の高橋さんにごっちゃんを見せたい

11月5日 埼玉のうるさいじいさんにごっちゃんを見せたい 当日は役員だって言ってたから来るはず

11月5日 胡麻毛の遺伝子を調べるとの話で、うちのごっちゃんとその両親、こりきとべにこ合計3頭のDNAを提供したのは初夏。その結果がメールにて来てた。 僕はバカだから記号で示されても良く解らない。でも、作出は秘密なのと、小型日本犬が何処から来たのかを調べた方がいいのにと思うね。

11月7日 桃太郎とごっちゃんの顔が運動後に粉吹いたみたいに。朝靄の中連れ出したから細かい水分が。 髪の毛もびしょ濡れ。

11月14日 髪の毛を切り、毛を染めた。茶髪だと白髪目立たないしメンテナンス楽なんだけれどもね。日本犬ハンドリングするのになんとなく威圧感有っても審査員に失礼だし黒にした。 前回はごっちゃんを三多摩でハンドリングする前に床屋さんへ行った。

11月15日 今ほど自分が二人居たら良いのになと思う。 桃太郎とごっちゃんの審査時間が重なりそう。

11月16日 桃太郎とごっちゃんはいつも通り変わらず可愛い。

11月16日 ごっちゃんの好きなとこは、変わってるとこ=自分に似てる。 桃太郎の好きなとこは、全部。

11月19日 疲れた〜 桃太郎とごっちゃんは手ぶらで帰ってきたけどりょくがシングル入賞。 来年から桃太郎は僕がハンドリングすることに姉と打ち合わせた。

11月26日 仕事が終わって急いでカメラのキタムラに写真を受け取りに。 11月18日の全国展覧会で撮影して貰ったごっちゃんと桃太郎の写真。 11月18日の夜に野武士小屋・金指真吉さんから電話。『どうだった?』 ダメでしたと報告するととても寂しそうに、そうか、と言われ・・・・・・。

11月26日 そのことがずっと気に掛かってたのと、昨夜は相州丹沢荘金指光春先生んとこに全国展で撮影したごっちゃんと桃太郎の写真を届けたので、野武士小屋にも見せなきゃと。

11月26日 金指光春先生はいつもごっちゃんと桃太郎を観てるけれど、やはり桃太郎の写真を凄く気に入ってくれて、桃太郎は凄く褒めてくれた。桃太郎はね。 でね。 ごっちゃんのことは何気に悪口。ムカーっとしたけれど我慢して切り返した。

11月26日 それで今夜は野武士小屋・金指真吉さんとこへごっちゃんと桃太郎の写真を持って行ったんですけれど。 まずはごっちゃんの写真を見せたらまるで兄弟で打ち合わせてたようにいきなりの悪口。多分このあとの反応も兄弟同じなんだろうな〜と桃太郎の写真を見せたら。

11月26日 『凄いな』『将来は大臣賞だ』 褒められて嬉しかったけれど、ごっちゃんの悪口(に聞こえた)を言われたので喜びは半減・・・・・・。 写真は桃太郎。

11月26日 ごっちゃんだってカワイイんだからっ! 写真はごっちゃん。

12月6日 指に切り傷が。 かまいたち!と言ったら「天狗かごっちゃんだろ」と姉

写真さらい

暑い時期なので犬達の写真撮影を余りしていない。
でも夏休みにはこっそり「夏の状態」を撮影して記録として残そうかと思う。

ハードディスクに保存してある写真を見直してみると、気がつかなかったことに気がついたりする。
この辺りが秘訣。


いつまでもやわらかい

若い頃は肉質が柔らかくて、加齢と共に硬くなってくるのが普通だと思うんだけれど。歳を取っても柔らかい(と言うかかわんない)のが多いね。加齢は体力低下と毛の色が抜けて来ちゃう以外にも有るんだけどな。  あ、自分の事じゃなくて。

桃太郎の肉質だいぶ硬くなって来た。締まった硬さ。夕方、夕陽を浴びている桃太郎を観て姉と驚愕。引き綱を持つともっと判る、ゾクゾクする。
顔の周りの肉質も硬くなったので、眼力がとにかく凄いことに。これから先また桃太郎をお披露目出来る機会が楽しみで仕方ない。

今日は横浜のいつもお世話になっている親戚ご夫妻が仏前にお線香を上げに来ていただけた。夏に鳴る前に先にご挨拶へお伺いしようとずっと思ってて、思ってただけで先に足を運ばせてしまい後悔。7日は母の命日。

今日は母が生きていたら67歳の誕生日だが、実際は27歳と3日で亡くなってしまったので自分よりも若くしてだったので加齢した姿を想像することが出来ない。お盆も近いね。

女子会

今夜は女子会に女装代表として参加させて貰った。
お店はさほど並ばずに入れたし美味しくてアタリだったので言うことなし。
違う街もいいな。

先週の講習で、凄く嬉しかったこと二つ。

「らしさ」の話。若犬は若犬、成犬は成犬。

「差し尾」の話。ゾクゾク。


あれも言わなきゃこれも言わなきゃと思っているうちに時間切れ(電池切れ)。

日本犬の尾の重要性を検討する (抜粋)

日本犬の尾の重要性を検討する (抜粋)
渡辺肇

◎尾の重要性
 犬の尾と耳の形は、きわめて種類の多いものである。尾と耳の恰好を聞くことによってある程度の類似するものはあっても、その種族の識別に役立つくらいに限定されている。
 それは細く長く牛蒡形の水平に保った尾といえば、ポインター犬を、また太く叢状をなし長く刀状を描いて垂れる尾といえば、シェパード犬を、範囲に豚のシッポのような尾といえば、ブルドッグを思いだすであろう。これからいずれも種族の特徴としての、尾形を保持しているからである。
 では、日本犬といえば、だれもが、子供のころの玩具の犬張り子を連想して、あの立ち耳、巻き尾の日本犬を思いだすであろうと思う。
 事実、日本犬の耳と尾は、外観上の体型美に大きく影響するものであり、もっとも重要視されている。とくに日本犬の尾は、表情の表現に一つの見どころとまで考えられている。
 それは秋田犬の、あの重厚な体様にふさわしい、太く力強い巻き尾が、絶対的な条件であり、中型犬や柴犬には、その動作の軽快、敏捷性にふさわしい尾形が要求されているのは、当然といわなければならない。
 いうまでもなく、日本犬の尾は、たんなる体型美を整えるだけのものでなく、犬の活動や動作にさいし、方向転回、飛躍、停止にも尾は、大きい役目をはたすのである。とくに中型犬や柴犬が、狩猟に、あの山岳で獲物の襲撃を行なう場合は、敏捷なる動作がもっとも必要であるし、とくに獣猟犬の猪とのたたかいは、まったく生死をかけてのたたかいである。このときの動作の助けに、尾のはたす重要性は、ここでことさら説明を要しない。
 また、平地においてもスピードを要する場合、巻き尾であっても、また背におう差し尾でも速度に合わせて尾を伸長させることによって動作の補助となることは、われわれの日常に見かけるところである。また犬が相手を狙うとき、頸を伸ばし、体を低め尾を伸ばし抜き足で、相手に迫る動作は、相手に機先を制する準備行動なのである。
 また尾は、犬の感情を素直に表現するものであり、愛情、哀願、恐怖の表情は勿論、尾の表情、表現によって、稟性までも感受できるのである。もし気魄の良いものは、いかなるときも尾に力がこもり、その姿をくずすことなく、より緊迫感が感じられるのである。
 また尾は、使役上の役目ばかりでなく、日本犬の体型を整える上にも、大きい役目をもっている。事実、玩具の犬張り子を見るがごとき、太く逞しく、力強い尾を、背の上に巻いた姿こそ、日本犬の特長を、あらわすものといっても過言ではないのである。
 だから日本犬の尾は、外貌上の美観からも、また実用上の点からも、尾は単なる「シッポ」といって軽視することのできない重要性がある。


社団法人日本犬保存会 会誌 「日本犬」昭和51年度第10号より抜粋



mmtr.jpg
Calendar
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71