ひこうき雲


DSC_1157.jpg

朝目覚めて外に出るとこんな感じに。



ごっちゃんの仔犬達を屋外で初めての撮影。
斎藤弘吉さんが言われたように出来るだけフラッシュは避けていたのでやっとちゃんとした形の記録が出来る。


DSC_1181.jpg


DSC_1182.jpg


この写真と、2日前に撮影したものと、先日の神奈川支部展覧会で撮影した写真と目録を持って仕事の帰りに野武士小屋へ。

仔犬達の毛色の話になり、うちの仔犬達の毛色はこんな感じだけれどと話す。とひと言。


『赤になるね。全部赤になる』


この写真では無く2日前に撮影した写真を金指光春先生にも届けた。

横須賀の横山さんご夫妻からお電話。姉がお話。先日の神奈川支部展覧会に来られなかったので横須賀の中型犬の鈴木さんに、横山さんご夫妻からお借りした貴重な写真と、兵庫支部の浦浪臣晃さんから頂戴した書籍を託した件でのお礼と、その他の話を。


日本犬と日本人との関係をもう一度思い出すと、答えの一端が見えて来る。

血脈


DSC_0996.jpg
雅の岐貴姫号-湘南美雅荘。平成25年9月15日撮影。
父犬は雅の力天号(湘南美雅荘)、母犬は貴春女号(不動ヶ滝犬舎)。埼玉支部の市橋さん所有。呼び名はピピ。
父母ともに晩年はやや叩き尾。ピピは小さい頃から差し尾だった。

185756_155139101207811_5392451_n.jpg
こんな感じ。
展覧会終盤まで気力が保てた時には面白いと思う。

昨日紹介した桃太郎の息子。

DSC_0988.jpg

風の武市号-浦和第一荘

首吊り

昨日の朝、ミカさんが亡くなった。ここのところずっと体調が優れなく、いつどうなるかと心配してたのにまた普通に戻ったりで、ある程度は覚悟出来てたけれどやはり亡くなってしまうと言うことは何度経験しても慣れない。

ミカさんにも沢山のことを教わった。産まれてから最期まで見届けられた。


11にちめ.jpg
ミカさん生後11日


1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
ミカさん生後16日

995832_528180043903713_156508069_n.jpg
ミカさん完成の域に



昨朝の時点では悲しさの余りに展覧会は欠席の選択も有ったけれど、それでも行ったのはまだ発信しなければいけない事柄が有るのと、栃木でやらなければいけないことが先延ばしになってしまっていたのと、もう一つはミカさんの後押し。それでも姉は欠席するかと思った程だけれども、谺を出陳。ミカさんは普段は産まれた仔犬に絶対に名前をつけない姉が名付けた名前。

ひと足先に会場へと向かい、設営や受付の手伝いをする。遅れて姉と田代さんが来場。
個人的にはずぶ濡れになっても本質は変わらないから屋根の無いところで展覧会をやっていただきたかったけれど屋根の有るところにリングを設営。蛍光灯の薄暗いとこだと見逃しが有るじゃん。それにやはり「日本犬」だから。

谺の審査を観る。
今回は絶対に守りたかったことが有る。それは

『首吊りハンドリングをしない』。

リングの外から姉に執拗に『吊らない!』と声かけした。吊ってなくてもわざと『吊らない!』と何度も声かけした。

首吊りハンドリングは百害有って一利無しなのをもっとちゃんと遵守させるべきだと思いつつ、重鎮の方がやられていたりするので云い難い場面が多く。

なな.jpg
この犬は桃太郎と父親が同じ、金太郎。神奈川支部の根岸さんが所有する生後1年の雌。小型雌部若2組に出陳。この根岸さんのハンドリングは理想だと思う。

誰に何を言っても無駄な状況でも、身を以て示していかないといけない。

こだま1.jpg
こだま2.jpg
谺号-湘南美雅荘

姉的に今回は1席以外は絶対持ち帰る訳には行かなかっただろうに、悔しかったと思う。でも、1席は評価が伴えばいつでも頂けるもの。

今回は桃太郎の息子がもう一頭出陳された。
小型雄部幼稚犬組。

風の武市号-浦和第一荘

DSC_1041.jpg

作出・所有者は埼玉支部の市橋和雄さん。ハンドラーは同じく埼玉支部の濱平博さん。

市橋さんに桃太郎の交配をとお話を頂いた時に丁度三多摩支部展覧会に桃太郎を出陳して残念な成績を頂戴してしまったので交配も来られないなあと思っていたら普通通りに来られ。

3頭兄弟姉妹で生まれ、7月に浦和第一荘にて3頭の仔犬達を見せて貰い、その時に気に入ったのがこの赤オス。今回神奈川支部展覧会に出陳して頂けると聴いていたので実物を久しぶりに観られるのがとても楽しみで。

姉がまず会場につくなりの市橋さんたちに写真を撮影させて貰ったのを見て、うわー似てる!と実物をすぐに観たくなり。実物もやはり

うわー似てる!


DSC_1053.jpg
風の武市号-浦和第一荘

  


995832_528180043903713_156508069_n.jpg

明日は

明日は平成25年秋季公益社団法人日本犬保存会神奈川支部展覧会。

今日は明日の準備に行ったものの、会社からの道路渋滞で到着した頃には既に準備終了(滝汗

そのまま金指光春先生宅へ根岸さんと向かい、産まれている仔犬達を見せて貰った。

地上5ミリ浮く




週末は日保神奈川支部展覧会。
明日は午後から会場セットのお手伝いに行く予定。

日保会員の先輩

日保兵庫支部の大先輩、浦浪臣晃さんからDVDと書籍を送って頂いた。実際にお逢いしたことが無いのに、本当に大感謝。お電話でお話させて頂いて「あ、この方は(色々な意味で)同じニオイがする」と直感した。湘南美雅荘のHPも観ていただいたことが有るようで、恥ずかしいけれど嬉しい、けど恥ずかしいね。
浦浪さんが自費で作成した書籍「日本犬の神髄」を多数頂戴したので、読んでいただけそうな、興味が有るだろうなと踏んだ方々に順次お渡ししていきたい。

DVDに収録された2本のTV放映されたフィルムを姉と夕飯時に観た。
1本目は、僕と姉が子供の頃、毎週日曜日にTBSで放映されていた「生き物ばんざい」の中で紀州犬が紹介されていたもの。不思議なもので、30数年前の番組でもテーマ曲って覚えているもの。「懐かしい!」と云いながら姉と一緒に大合唱。番組内では狩猟する紀州犬を採り上げている貴重な資料。
2本目もやはり30数年前にNHKにて放映された「紀州犬をまもる」。ここで登場されております石原謙さんと言う方は、かの有名な「紀州名犬語り草」を執筆された方。なぜ「紀州名犬語り草」を執筆されたのかすぐに判ったのかと言うと、現在仕事のバッグの中に持ち歩いている古い日保の会誌に、ちょうど初回掲載からの転載が有り、読んでいる途中で大変感銘を受けていたのと、浦浪さんが執筆されました「日本犬の神髄」の文中にも石原謙さんのことが詳細に記録されていたから。

知ることが出来る物事・事柄は、何でも知りたい。心からそう思う。



ちょっと気分が悪くなる出来事が多い昨今、もう一冊本を読み進めている。
昨年お亡くなりになった経済ジャーナリスト金子哲雄さんの「僕の死に方」。今日は取り敢えず5分の3を読んでやめた。

「日本犬の神髄」を読み、「小さな生き物」を聴き、桃太郎たちに話し掛け、ごっちゃんの仔犬達を順番に抱き上げて確認。



浦浪臣晃さんの著作「日本犬の神髄」は電子書籍でも販売されているので宜しければ下記URLをコピペしてご一読下さい。

https://bookway.jp/modules/zox/index.php?main_page=product_info&products_id=115&cPath&fb_action_ids=572196592835391&fb_action_types=og.likes&fb_source=aggregation&fb_aggregation_id=288381481237582

天才



スピッツのニューアルバム「小さな生き物」をじっくり聴いた。
草野マサムネみたいな人を本当の天才って言うんだろうな。

書きたいことが有るんだけれどね



ももたろうとごっちゃんの仔犬達はそろそろ眼が開きそうな感じ。
もぞもぞしてる。

この辺も書きたいことが有るんだけれどね



今日はやめておく。週末は忙しいからな。

小さな生き物


DSC_0648.jpg
スピッツのニューアルバム 小さな生き物 明日発売

アマゾンで予約注文したら前日に。
早速聴いた。

小さな生き物。人間も同じ。

仕事の帰りに一昨日の栃木支部展覧会での谺と姉の写真と出陳目録を持って野武士小屋・金指真吉さん宅へ。2席貰った報告をした後で

『桃太郎の個評、良かったね!』

と言って頂けた。『古くっから犬を作って来てる人には桃太郎が判る』って凄く喜ばれていたので嬉しい。個評は読んでいないのかと思ってただけに、格別に嬉しかった。

『キレイなんて要らないんだ!』

はい、その通りです。

今日は色々と書き残そうかと思ってたことも有ったけれど、明日に。
兵庫支部の浦波さんから書籍とDVDを頂戴した。

通常生活

今朝は油断して少し寝坊。

元々は油断して寝坊したのが悪いんだけど。



トイレを済ませてから外に出る。犬達の運動。桃太郎たちもおはようはやくはやくとしゃべくりまくり。
まず最初に育児をしているごっちゃんの排尿をさせて、次に谺を犬舎から出そうと谺の犬舎のドアを開けたと同時に、コチラの顔をニヤリと見ながら腰をカックンと落としてそのままコチラめがけて

『ジャーーーーッ』

まあ仕方ないなと思いつつ桃太郎を見ると、桃太郎まで犬舎の中でいきなりやりやがった。
油断して寝坊したのが悪いので怒れない。

犬達はいつも通り元気。カラス天狗も空を飛んだ。
Calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71