遡及

先日の公益社団法人日本犬保存会三多摩支部展覧会にて撮影した一枚。


DSC_3888.jpg

画面向かって右から大谷支部長、だいさん、副支部長の河辺さん、井上欣一さん、水村洋策さん。
井上欣一さんと水村洋策さんはこの日、継続会員50年で表彰されました。

水村先生は、多摩水村荘と言う犬舎号を持っておられます。



この動画は30年前に僕が撮影したもの。治狼号-白雅。
治狼号の父犬、左衛門号(多摩水村荘)を作出されましたのが水村先生。
放送の声は30年前の野武士小屋・金指真吉さん。

644653_501703056551412_706588573_n.jpg

この写真は「やまびこ」と言う犬舎号を持つ横須賀の横山さんご夫妻から頂いたコロ中号-萬亀荘。
所有者は井上欣一さん。撮影者は横山さんの御師匠さんで黒旋風号の撮影をした石渡さん。
コロ中号の父犬コロ一号(早太郎荘)は黒毛。

557097_387816374606748_844638365_n.jpg
コロ一号-早太郎荘
※(社)日本犬保存会 昭和34年度 第7・8合併号より

コロ一号の父犬・コロ市号-機山荘の父犬中市号(赤石荘)と母犬中コロ号(赤石荘)は同胎犬。

コロ中号の母犬黒花号(伊豆美荘)は黒毛。
黒花号の父犬は赤毛の紅丸号(伊豆美荘)でその父犬は赤毛の中市号(赤石荘)、母犬は中市ハチ号(山梨穂坂)で黒毛。中市ハチ号の父犬は中市号(赤石荘)で、母犬はハチ号(山梨穂坂)。

DSC_4011.jpg
ハチ号-山梨穂坂
※日本犬新聞 昭和28年11月20日発行

中市ハチ号はその昔、野武士小屋に居た。



コロ中号の父犬・コロ一号(早太郎荘)の血脈で、コロ中号を通していない血脈が、湘南美雅荘の現在の犬達に在る。その名は、一鵬号。

555574_387472101307842_450879202_n.jpg

一鵬号-赤石荘 

日犬籍小型第17481号
父犬 コロ一号(早太郎荘)小4456
母犬 一姫号(東錦荘)小8451
昭和38年9月10日生まれ
所有者は野武士小屋の金指真吉さん。この写真は野武士小屋荘主、金指真吉さんから頂いた。

何故こんな風に書いてみたのかと言うと、先日の三多摩支部展覧会会場で話した方のうちの一人が『コロ中の両親って赤毛だよね』って。ええええええええええええっ?と思いつつちゃんと再確認しなきゃなと思ったのと、中市ハチ号のことを思い出して野武士小屋の金指真吉さんの顔が浮かんだから。


温故知新。


自分の飼育してる犬達の血脈をどこまで遡れる?

うめたろう 生後4ヶ月半

DSC_3878.jpg
DSC_3984.jpg
風の武市号-浦和第一荘 桃太郎の息子 生後4ヶ月半

昨日の三多摩支部展覧会で幼犬賞。
2週間前に観た時よりも大きくなっていた。当たり前だけど。

体躯に無理が無いとこも父犬・桃太郎に良く似てる。
濱平さんのハンドリングも無理が無いから犬も引き立つ。
来年に向けての成長が楽しみな一頭。



今年の全国展覧会に行かないと決定してから気分が超ラクになった。
作出もまだ有るし、片付けなきゃいけない事柄が山積みだからなあ。



今朝はいつも通りに起床。桃太郎や天狗たちもいつも通りに日常を過ごす。
身支度をして神奈川県の南端方面へ。用件を2件。帰宅後、相州丹沢荘へ行き、引き続いて野武士小屋へ。



ごっちゃんと桃太郎の仔犬・雅の晴太郎号の新オーナーが決まった。

今年の全国展は欠席

mmtr.jpg

先日、日本犬保存会へ全国展覧会の申し込みをしたのだけれど、その後の話し合いの末、今年の日保全国展覧会は欠席することにした。
お宿を取っておいてくれた不動ヶ滝犬舎グループの方にはご迷惑を御掛けして申し訳ない気持ちで一杯だけれど、前日のお宿も本日の夕方キャンセルした。

来年は頑張るぞ。



ごっちゃんの仔犬、新オーナーが決まる気配。



明日も朝からちょっと慌ただしい。

ごっちゃん

ごっちゃんの仔犬達が今日で生後44日。ごっちゃんのメンテナンスが良かったからか、小さい頃は余り啼かなかった子犬達なのに、今はお互いに戦いの日々を過ごしている。

抱っこして嫌がる仔も居れば、抱っこされてもベロベロな仔も居る。朝晩はごっちゃんの母乳(と僕の母乳)を飲ませているのでまだ乳臭い。そこがまた可愛い。

夕方、食餌の後でごっちゃんが立ちながら母乳を飲ませているところを真上から覗く。
仔犬達がおっばいにかぶりつきながらコチラに目線をくれる。

『うへへお兄こんのおっぱい、美味しいか〜?』と言い聞かせて妄想。聞こえているのに仔犬達は僕の目を見ながら一心不乱にごっちゃんのおっぱいを飲み続ける。ちょっと馬鹿にしてるような目線が気になるな。

あんなに小ちゃかったのにこんなに大きくなって。

次世代に繋いで恥じない仔犬達に育って欲しい。

胡太郎と晴太郎はオーナー募集中。

猟能

夕食を食べながら、日保兵庫支部の浦浪臣晃さんが送ってくれた猟能のDVDを視聴。

平成7年5月28日撮影。

愚痴 イズ Cache 〜神奈川県の湘南から〜

消しゃいいってそういうもんじゃないのに(消えないよ)。



今日はかぐやひめの撮影。


DSC_3679.jpg
雅の赫映姫号-湘南美雅荘 本日撮影 生後42日

DSC_3676.jpg
DSC_3682.jpg
尾は舵取りの役目


かぐやひめは気が強い。
他の男3頭兄弟を従えて毎日シャウト。それもどこかで視た景色。
まんまお母さんじゃん。

足も速い。
写真撮影するのにかぐやひめを置いて逃げるように走ると、すんごい勢いで走り追い着く。

ばあさんの家

今日は仕事から帰宅してすぐに、柊ばあさんの犬舎周りを姉と一緒に修正。

自由に歩き回れるように、サークルを設置してそれにサークルを継ぎ足しても少し広くしてやった。


DSC_3527.jpg
柊ばあさんとかぐやひめ

玄関先に居るので顔を合わせない日は無い。通る度に生存確認をする感じ。何度も死にかけてるからね。



DSC_3654.jpg
カチ号-湘南美雅荘 本日撮影

桃太郎が同月齢の頃と同じように撮影してみた。共通点を探す。

DSC_3610.jpg
DSC_3638.jpg
尾は舵取り

日保兵庫支部の大先輩・浦浪巨晃さんから猟能DVDが届いた。本当にありがたい。桃太郎と山に入りたい欲がどんどん強くなるね。

bottom line

笑ってないけど 笑ってる

休んでないけど 休んでる

首を吊っても 気持ちE

白粉? だから塗ってない

ピカピカに光る 露出狂

悪いとこまで よく見える


みんなで選手 宣誓YO

女王のアタシは 無言でOッKぃ!


口先だけの 感謝なら

誰でも出来ると 言うけれど

口先だけの 感謝すら

TBSに 任せちゃう


ずっとしないわ 反省なんて


もしかして もしかして

やはり新手の 嫌がらせ

そうなのよ そうなのよ

気づいた人も 感謝SIGH!


私の引き立て 勢ぞろい

世界発信 よーいDON!


なのに私は 危険なの

かぐやひめ


DSC_3540.jpg

雅の赫映姫号-湘南美雅荘
父犬 桃太郎号(湘南美雅荘) 母犬 雅の胡蝶号(湘南美雅荘)


今日はかぐやひめの写真を撮影してみた。掲示板には2枚載せたが、これはその時に同じく撮影したもの。
何故フラッシュを炊かない(たまに勝手にピョンと出ちゃう)のかと言うと、日本犬保存会創設者の故・斎藤弘吉さんが書物にて書いてたつうのも有るけれど。
超個人的に思ったのは、人間が日本犬を視る時に、フラッシュ炊いた状態では視ないでしょと。その場その時の空気感で一体、日本犬がどう視えるのか。逆光でフラッシュとはまた別の問題でね。

桃太郎に会いたいから

DSC_3063.jpg

DSC_3125.jpg

DSC_3135.jpg

雅の鉄源力号-湘南美雅荘


田代さんと鉄源力はFCI東京インターナショナルドッグショーでベストオブブリード(BOB)、日保の展覧会でも日保本部賞2回受賞している。今回の埼玉インターはベストオブ馬鹿(BOB)。そろそろ時期的にちゃんとして欲しいところ。



昨日はFCI埼玉インターナショナルドッグショー2013に。
田代さんが出陳のほかにちょいと個人的に営業(笑)とか有り。

帰宅途中に金指光春先生宅へ寄り、そのまま一緒に湘南美雅荘へ向かう。
今回産まれているごっちゃんと桃太郎の仔犬達を鑑定してもらい、思考を確認しながら会話。自分が今回の仔犬達をどのように位置付けて考えているのか、そして金指光春先生が今回の仔犬達をどのように位置付けて考えているのか。

これから先、どれだけ仔犬を産ませてみても、もう桃太郎以上の日本犬は作れないと、過去のTwitterで言ってるのは今も変わらず。姉も然り。だから、必然的に残すなら超厳しくなる。それと惰性。惰性と思いたく無いし思っちゃ行けないけれど。

日保の大先輩からお電話を頂戴した。
桃太郎とごっちゃんの仔達を残すことにしたものの、同時期の桃太郎の記憶と記録と比べてみると、やはり桃太郎よりも薄味だから、残さなくてもいいんじゃないかなんて思うんですと相談。少し薄まった仔犬達。でも、桃太郎よりも早い時期に判り易くなるような感じ。それが良いのか悪いのかはわからないけれど。

『桃太郎はエスプレッソだから』


と表現したその大先輩は、仔犬時代の桃太郎を初めて観た時のインパクトを話された。

それでも、仔犬達は桃太郎の遺伝子を持っているのだから、今桃太郎の印象が強く無くても、成長過程の中でこれから強く顕れるんじゃないのか、少なくとも仔犬達の桃太郎濃度(%)は高いのだから、と。

なるほど。
それを見届けるのも、桃太郎を育てている湘南美雅荘の任務と言うか責任かも。

DSC_3374.jpg
カチ号-湘南美雅荘 本日撮影

また明日撮影してみよう。





取り残されるのは 望むところなんだけど
それでも立ってる理由が あとひとつ

       ランプ / 草野マサムネ
Calendar
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71